国立遺伝学研究所,花の構造色の因子を絞り込み

国立遺伝学研究所は,ギンセンカのゲノム解析やトランスクリプトーム解析を行ない,構造色の発色に必要な微細構造の形成に関わる因子の絞り込みに成功した(ニュースリリース)。

構造色とは物質表面の微細な構造により発色する色を言い,昆虫や鳥類など様々な生物で観察されている。構造色は植物の花弁にも見られ,昆虫の誘引に寄与すると言われている。

ギンセンカは,花弁に構造色を持つ植物の1つ。ギンセンカの花は,中心部が紫色,外側が薄い黄色を示す。紫色はアントシアニンの色素由来だが,紫色を示す花弁の表皮細胞には微細な凹凸構造が存在するため,構造色も発色している。

今回絞り込んだ,植物のクチクラ形成に関わる転写因子であるSHINE1,クチクラ成分の1つであるクチンの合成因子であるCUTIN SYNTHASE 2,同じくクチンの合成に関わる因子であるCYP77Aファミリー遺伝子は,モデル植物シロイヌナズナの花弁に存在する微細構造の形成に関わることが知られているため,ギンセンカ花弁の微細構造形成にも関与する可能性が高いと考えられるという。

研究グループは,今後,絞り込んだ候補因子を皮切りに微細構造形成のメカニズムやその進化の解明を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • 神大ら,褐藻が緑色に輝くように見える現象を解明 2024年05月21日
  • 神大,構造色インクで世界最軽量クラスの塗装を実現 2024年01月31日
  • 信州大ら,複雑な構造色の重ね合わせに成功 2023年10月24日
  • 名大,角度依存性の無いコレステリック液晶を開発 2023年07月27日
  • NIMSら,構造色による気体識別用感圧デバイス開発 2022年11月28日
  • 琉球大ら,透明な巻貝から新規の光反射構造を発見 2022年11月01日
  • 神大,ケイ素ナノ粒子で高耐候性構造色インク開発 2022年05月11日
  • 富士フイルム,構造色をインクジェットで印刷 2022年03月24日