日清紡マイクロ,光学式反射型センサを開発

日清紡マイクロデバイスは,ボタンをタッチレス化する反射型センサ「NJL5830R」の開発を完了し,4月より生産を開始することを発表した(ニュースリリース)。サンプル価格(100個購入時の参考価格)は660円(税込み)。

高出力の赤外LEDと受光ICをCOBP(Chip On Board Package)に組み込んだ反射型センサで,券売機などの自動販売機やエレベーター等の選択ボタンなど,公共性の高い装置の操作ボタンをタッチレス化することで,感染症対策や,衛生面の向上に貢献するという。

このセンサは,ボタンスイッチへの組み込みを視野に入れ小型薄型パッケージを実現(3.6×5.8×1.2mm)。検出距離は0から50mmをターゲットとしており,用途に合わせて調整ができる。

また,業界初となるセンサ同士の干渉防止機能を内蔵。従来も1個使いのタッチレスセンサは存在していたが,複数個使いはセンサ同士の干渉が発生してしまうなどの課題があったとし,この製品はセンサ同士のパルス周期をずらすことで干渉による誤動作を防止するという。

光変調方式により外乱光耐性も高く,屋外での使用も可能。飲食機器や医療機器など手袋を着用している環境でも使用できるとしている。

同社では,光学式タッチレスセンサを「Optton」の商品名でシリーズ化していくという。

その他関連ニュース

  • 横市大ら,抗体と近赤外光で病原体を選択的に駆除 2022年07月05日
  • 日機装ら,鉄道向けLED除菌ユニットの開発を開始 2022年05月26日
  • ウシオ,広範囲向け抗ウイルス・除菌用光源を発売 2022年05月26日
  • 三井化学らの空中ディスプレー,町役場に導入 2022年05月25日
  • 産総研ら,超高速・高感度ウイルス検出法を開発 2022年05月19日
  • 名大ら,コロナを不活化するエアカーテンを開発 2022年05月18日
  • 東芝ライテック,LED空間除菌・脱臭装置を発売 2022年05月17日
  • 公大ら,レーザー加工を用いた風雨センサーを開発 2022年05月13日