NHK技研,考案した色域の表現手法が国際標準化

NHK放送技術研究所(技研)は,同研究所が考案したディスプレーの色再現範囲(色域)を表現するための新たな手法“Gamut Rings(ガマットリングス)”が,国際電気標準会議(IEC)で2021年1月に,国際照明委員会(CIE)では2021年11月に国際標準として採用されたと発表した(ニュースリリース)。

従来,色域は,原色(赤,青,緑)の色度点で定義される,色度図上の三角形の領域で簡易的に表現していた。この色度図は,紙面上など2次元で表現するのに便利だが,本来,ディスプレーの色域を正しく評価するには,明度も含めた3次元の“色域立体”で表現する必要がある。一方,色域立体は,その3次元形状を自由な角度から見る機能がある表示装置 (PCやタブレット等)でないと,正しく評価できない。

このため,3次元の色域立体を適切に評価できる,新たな2次元表現手法の開発が課題となっていた。今回考案したGamut Ringsは,色域立体を以下のような方法により2次元投影することで,ディスプレーの色域を正しく表現することが可能になった。

色域立体を一定の明度間隔で輪切りにして,明度の低い方から平面に引き延ばし,より高い明度の色域をその周辺にリング状に配置していく。リングの面積は3次元の色域の体積に比例する。中心からの角度は赤,青,緑などの色相を表す。

Gamut Ringsは,色域を正しく評価できるため,ディスプレーの設計や性能評価をはじめ,放送用から家庭用までさまざまなディスプレーやテレビの性能比較や選定において役立つことが期待されるという。

今回,ディスプレーの色域を自動で測定し,この新手法で表示する装置も実現した。Gamut Ringsは,ディスプレーだけでなく,プリンターなどの色再現範囲の正しい評価にも有効だとしている。

その他関連ニュース

  • 2026年車載ディスプレー世界市場,12,323百万ドル 2022年06月28日
  • アストロデザイン,色域評価システムを発売 2022年05月24日
  • 電通大,透明や曲面上に歪みのない空中像を表示 2022年04月15日
  • JDI,従来比4倍の移動度の酸化物半導体TFT実現 2022年04月01日
  • 広島大,三原色発光の配向膜をセルロースで作製 2022年02月16日
  • 2030年TV世界市場,43.4%増の24兆9,700億円 2022年01月25日
  • ブイテク,μLEDディスプレー製造ラインを出荷 2022年01月12日
  • 東レ,マイクロLEDディスプレー向け部材を拡充 2021年12月08日