楽天メディカルら,米で光免疫療法の被験者登録

楽天メディカルと島津製作所は,蛍光イメージングシステムを用いた,抗体薬物複合体「ASP-1929」による光免疫療法の第Ⅱ相臨床試験において,米国国立衛生研究所の国立がん研究所で1例目の被験者を登録したと発表した(ニュースリリース)。

「ASP-1929」は楽天メディカルが開発した,セツキシマブに光感受性物質を結合したがんの光免疫療法に用いる抗体。

この試験は,「切除可能な原発または再発の頭頸部扁平上皮がんおよび皮膚扁平上皮がん」を対象とした,蛍光イメージングを用いた「ASP-1929」による光免疫療法における,非盲検,単一群,Window of Opportunity(治療機会)の第Ⅱ相臨床試験で,被験者22名を登録する予定。

国立がん研究所との共同研究開発の契約に基づいて実施されるこの試験では,「切除可能な原発または再発の頭頸部扁平上皮がんおよび皮膚扁平上皮がん」を対象に,標準治療の外科的腫瘍切除前に,「ASP-1929」を用いた光免疫療法による単回治療を実施した場合の有効性および安全性を評価する。

さらに,島津製作所の蛍光イメージングシステムを用いて,「ASP-1929」に含まれる光感受性物質「IRDye 700DX」の蛍光発光を,リアルタイムに観察・記録し,臨床における利用可能性を評価する。この蛍光イメージングシステムは,島津製作所の蛍光可視化技術を用い,楽天メディカルと開発した。

「ASP-1929」を用いたその他の試験については,楽天メディカルが,再発頭頸部扁平上皮がんを対象とした国際共同第Ⅲ相臨床試験,および,米国にて頭頸部扁平上皮がんおよび皮膚扁平上皮がんを対象とした抗PD-1抗体との併用療法による第Ⅰb /Ⅱ相臨床試験を実施している。

また,2020年9月に,日本において,「ASP-1929」およびレーザー装置は,「切除不能な局所進行又は局所再発の頭頸部癌」を適応として厚生労働省より製造販売承認を取得している。

その他関連ニュース

  • 北大,低侵襲金ナノ粒子X線マーカーゲルを開発 2022年08月09日
  • 国がんら,早期大腸がんにESDの有効性を確認 2022年08月08日
  • 名大ら,蛍光ガイド手術向け腫瘍切除モデルを開発 2022年07月29日
  • 名大ら,がんの診断と治療が可能なナノ粒子を開発 2022年07月25日
  • 横市大ら,抗体と近赤外光で病原体を選択的に駆除 2022年07月05日
  • 関医大ら,光免疫療法の新規標的分子を確認 2022年06月23日
  • 北大,低侵襲の留置が可能なX線マーカーを開発 2022年04月28日
  • 名大ら,大腸内視鏡AI医療機器の精度を実証 2022年04月18日