2027年電子実装関連世界市場,11兆5,131億円に

富士キメラ総研は,好調な半導パッケージやプリント配線板とそれらの材料,実装関連装置の世界市場を調査し,その結果を「2021 エレクトロニクス実装ニューマテリアル便覧」にまとめた(ニュースリリース)。

それによると,2021年は,前年下半期からのテレワークや巣ごもり需要を背景としたPCやタブレット端末,ゲーム機,通信機器などの好調が続いているほか,自動車やスマートフォン市場も回復に向かっているのを受けて,半導体封止材,リードフレーム用条材,ボンディングワイヤなどの半導体後工程/実装関連材料や,多層リジットプリント配線板などのプリント配線板が大きく伸長しているという。

実装関連装置でも,半導体関連製品や受動部品関連がけん引し,伸びている。また,エポキシ樹脂や銅,スズの価格上昇など各種材料の値上げなどから単価が上昇した製品も多く,市場の拡大を予想する。

2022年以降も市場は拡大するとみており,規模の大きいプリント配線板ではサーバーや通信機器向け,半導体パッケージ基板を中心に低誘電化や多層化が進むため2027年に向けて年率3~6%の伸びを予測する。

また,放熱関連材料は,EV/HVのパワー半導体や電池向けがけん引し,窒化ケイ素基板(AMB),放熱フィラーなどが大きく伸びるため,2027年の市場は2020年比51.8%増の11兆5,131億円を予測している。

調査では,FC-BGA基板,HTCC基板,ガラス基材銅張積層板(CCL)を注目市場とした。このうちFC-BGA基板は主に,CPUや通信機器などの高性能な多ピンロジックなどで採用されている基板を対象とした。

市場はPC向けが中心で,2021年は需給がひっ迫していることから単価が上昇しているという。製品別では,テレワーク環境の構築需要の増加からPC市場が拡大したためPC向けが好調なほか,ADASの導入が進んでいることから車載SoC向けが増えている。また,FC-BGA基板の中でもサイズが大きく層数も多いため,単価の高いデータセンターや5G通信基地局向けが伸びているといい,市場は前年比26.5%増を見込む。

今後は,データセンターや5G通信基地局などインフラ機器の高性能化に伴い単価の上昇を予想する。また,引き続き,インフラ機器が増加することでサーバー用CPUやAIアクセラレータチップ向けなどが伸びるとみる。

特に,AIアクセラレータチップの出荷数量は,2021年100万個程度であったが,2025年に500万個近くまで増えると予想し,市場拡大に繋がるとみる。車載SoC向けもADASの導入増加により大幅な需要増を予想し,2027年の市場は2020年比3.0倍を予測した。

HTCC基板では,高温焼成セラミックスを対象とした。セラミック基板は,耐熱性や耐湿性,平坦性に優れるほか,高周波回路での低損失,三次元的な多層配線が可能で立体構造を形成しやすいといった特性から,通信モジュールや車載基板,イメージセンサーの基板などに使用されている。

特定の周波数の信号を検出するSAWフィルターや電波の基である基準信号を作り出す水晶デバイス向けを中心に市場は拡大しており,2021年はSAWフィルター向けが,5G通信機器の増加などから伸びている。また,水晶デバイス向けはユーザーの在庫確保の動きがみられたことで,大きく伸長しているという。

今後,SAWフィルター向けはモジュール化や主要用途であるスマートフォンの成長鈍化により,伸び悩むとている。一方,水晶デバイス向けは,2022年は前年の反動を受け伸びが鈍化するが,長期的には自動車用の通信機器や3Dセンシングで使用される水晶デバイスの増加に伴って搭載数が増えるため,市場は拡大するとみる。また,ヘッドマウントディスプレーの3Dセンシングでも採用が期待されており,2025年以降に本格的な使用が進むとして,2027年には2020年比30.6%増の2,538億円を予測する。

ガラス基材銅張積層板(CCL)は,ガラス繊維を布状に編みエポキシ樹脂を染み込ませたプリプレグという絶縁層に,回路層を書き込む銅箔を貼った製品を対象とした。汎用品と,低誘電かつ電気エネルギーの損失の度合いを示す誘電正接(Df)が0.005以下の主にPPE樹脂などをベースとした低誘電対応品に分類した。

2021年は,各種民生機器や自動車の市場が回復し,サーバーや通信機器などのインフラ向けで需要が高まっているという。また,汎用CCLは,材料の銅箔が価格高騰しており,値上げしているメーカーもみられることから,市場は前年比45.3%増を見込む。

一方,低誘電対応CCLでは,前年にHuaweiが米中貿易摩擦による規制を避けるために買い込んだことの反動を受け,基地局向けが大きく減少したが,データセンター向けが増えていることからDfが0.004~0.005のVery Low Lossが伸長し,市場は前年比5.8%増を見込む。

2022年以降は,低誘電対応CCLは,サーバーのマザーボードの拡張スロットの規格であるPCI Express5.0対応の「Eagle StreamプラットフォームでVery Low Lossの採用が想定されることから,市場は拡大するとみる。また,AIサーバーやミリ波対応のBBUでDfが0.002~0.003のUltra Low Lossの採用が進むとして,2027年の市場は2020年比5.6倍の5,673億円を予測している。

その他関連ニュース

  • 2024年,ミニ/マイクロLEDディスプレーは1837万台 2024年05月22日
  • 半導体製造産業の主要指標,2024年第1四半期改善か 2024年05月15日
  • 2023年半導体材料世界市場,過去最高額から8.2%減 2024年05月09日
  • 2024年,シリコンウエハー出荷面積は5%減 2024年05月09日
  • 2023年,世界半導体製造装置販売額は1,063億ドルに 2024年04月11日
  • 2029年,半導体露光装置市場は4兆7,900億円 2024年04月02日
  • 2030年次世代ドラレコ,新車への搭載率1% 2024年03月28日
  • 2023年のスマホ世界出荷台数,12億2,629万台の見込 2024年03月27日