【光フェア】太平貿易,SWIR検査システムをデモ

光技術展示会「光とレーザーの科学技術フェア2021」(11月17日(水)~19日(金),東京都立産業貿易センター浜松町館)において,太平貿易はSWIR検査システムの展示とデモを行なっている(赤外線フェア ブースNo.4R-40)。

これはSWIR(900nm~1700nm)に対応するシステムで,日本ピー・アイの光源,アバールデータのカメラ,そして米EXCELITASのマクロズームレンズ「Optem Fusion SWIR」を組み合わせている。

倍率7倍のこのレンズは,目的に合わせていくつかのモジュールを組み合わせるもので,デモでは鏡筒内に照明光を導く同軸落射照明を組み込んだシステムとして,半導体ウエハーの構造を裏面から撮影している。

用途としてはシリコンウエハー検査以外にも,太陽電池や食品,農作物の検査,偽造防止や不純物検査など様々なアプリケーションが考えられるという。デモのようなセットのほか,構成するそれぞれのデバイスを個別に買うこともできる。

モジュールの組み合わせによるが,「Optem Fusion SWIR」の価格は50万円~60万円だとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大,レーザーを電顕のレンズにする手法を発案 2022年04月11日
  • 三井化学,植物由来のメガネレンズ材料を発売 2022年04月05日
  • 島津,フーリエ変換赤外分光光度計の新製品を発売 2022年03月18日
  • 日立ハイテク,EUV向け電子線検査システムを開発 2021年12月14日
  • 【光フェア】シンターランドの大型ZnSレンズ 2021年11月18日
  • 【光フェア】島津,新製品レーザースペアナをデモ 2021年11月18日
  • 【光フェア】フォトテクニカ,非接触膜厚計をデモ 2021年11月18日
  • 【光フェア】宇大,視線が合う空中ディスプレー 2021年11月17日