名大,カムチャツカで赤い低緯度オーロラを観測

名古屋大学宇宙地球環境研究所(ISEE)は,2021年11月4日16時半から真夜中(日本時間)にかけて,カムチャッカのパラツンカにあるロシア科学アカデミー極東支部・宇宙物理学及び電波伝搬研究所(IKIR,FEB RAS)に,国際共同研究で設置しているISEEの全天カメラによって,赤い低緯度オーロラを観測したとWebで公開した(ニュースリリース)。

このオーロラは,4日の朝4時過ぎ(日本時間)から始まった磁気嵐の主相から回復相に発生し,最大の明るさは,約1kR(キロレイリー:明るさの単位,観測波長は酸素原子の発光輝線630nm)だった。通常,人間の目に見える明るさは数キロレイリー以上なので,カムチャッカで注意深く北の空を見ていた人は見えたかもしれないという。

このオーロラは,4日に発生した大きな磁気嵐に伴って出現した。この磁気嵐では,北海道でもオーロラが見えることが期待されたが,今回のカムチャッカの全天カメラの画像を見ると,オーロラは北海道までは到達しなかったものの,北海道のすぐ北までやって来ていたことがわかった。

磁気嵐では,地球のまわりに太陽からの高エネルギー粒子がやってくることで,人工衛星の故障や宇宙飛行士の被曝を起こしたり,衛星と地上の間の通信の障害になったりすることがわかっている。よって,低緯度オーロラの出現は,このような高エネルギー粒子がより地球の近くまでやってきていることを示しているという。

その他関連ニュース

  • 金沢大ら,オーロラ発生で中間圏オゾンの減少を発見 2022年10月12日
  • 極地研ら,オーロラ観測にCTを応用し3D構造を復元 2022年08月26日
  • 金沢大ら,コーラス電磁波の周波数特性に知見 2022年05月11日
  • 名大ら,オーロラにロケットを命中させて観測 2022年03月29日
  • エイブリックら,オーロラ観測用紫外線カメラ開発 2021年09月30日
  • 金沢大ら,フラッシュオーロラの形状変化を解明 2021年07月08日
  • 名大ら,超高高度にオーロラ粒子の加速領域を発見 2021年01月20日
  • 京産大ら,HDSで彗星のCO2の存在量比を解明 2020年04月14日