QDレーザ,小型マルチカラーレーザー光源を発売

QDレーザは,「小型マルチカラーレーザ光源」の販売を開始した(ニュースリリース)。

この製品は,小型パッケージに4波長のレーザーを集積した光モジュールで,フローサイトメトリー,顕微鏡および検査装置等のバイオメディカル検査装置に最適な光源だという。

405nm~905nmから最大4波長のレーザーをユーザーの用途に合わせて選択可能。その中の1波長は同社独自の光出力安定度に優れた小型可視レーザー(532nm,561nm,594nm)から選択できるという。パッケージはコンパクトな手のひらサイズ(80 x 80 x t30mm),光ファイバはシングルモードファイバと偏波保持ファイバを選択可能で,各波長の光出力は20mW以上となる。

オプションでドライバボードも提供しており,プラグアンドプレイ化を可能にする。波長やパッケージ等のカスタム対応も可能で,装置の小型化,低コスト化に貢献するとしている。

その他関連ニュース

  • 京大ら,高出力狭線幅フォトニック結晶レーザー実現 2024年02月28日
  • 近畿大,量子ドットからマルチカラー円偏光を発生 2024年01月19日
  • 理研,シングルサイクルレーザー光をTW級に増幅 2023年12月20日
  • 【光フェア】メンロー,ファイバーレーザーを紹介 2023年11月09日
  • 阪大ら,2光子衝突による電子・陽電子対生成を発見 2023年08月21日
  • 近大ら,白金触媒のみでマルチカラー円偏光OLED 2023年08月03日
  • フォトテクニカ,超短パルス生成モジュールを発売 2023年07月31日
  • ウシオの700nm帯LD,Innovation Award受賞 2023年07月03日