QDレーザ,小型マルチカラーレーザー光源を発売

QDレーザは,「小型マルチカラーレーザ光源」の販売を開始した(ニュースリリース)。

この製品は,小型パッケージに4波長のレーザーを集積した光モジュールで,フローサイトメトリー,顕微鏡および検査装置等のバイオメディカル検査装置に最適な光源だという。

405nm~905nmから最大4波長のレーザーをユーザーの用途に合わせて選択可能。その中の1波長は同社独自の光出力安定度に優れた小型可視レーザー(532nm,561nm,594nm)から選択できるという。パッケージはコンパクトな手のひらサイズ(80 x 80 x t30mm),光ファイバはシングルモードファイバと偏波保持ファイバを選択可能で,各波長の光出力は20mW以上となる。

オプションでドライバボードも提供しており,プラグアンドプレイ化を可能にする。波長やパッケージ等のカスタム対応も可能で,装置の小型化,低コスト化に貢献するとしている。

その他関連ニュース

  • 浜ホト,100Jのパルスレーザーの10Hz発振に成功 2023年01月12日
  • ウシオ,最広温度範囲の405nm/175mW LD発売 2023年01月11日
  • 名大ら,核融合技術を応用しランダムレーザーを開発 2023年01月11日
  • 山形大ら,耐水性/伸縮性ペロブスカイト材料を創出 2022年12月07日
  • DNP,レーザーパターンライトの試験販売を開始 2022年11月25日
  • 旭化成と名大,UV-C LDの室温動作発振を実現 2022年11月25日
  • 【光フェア】アプトス,害鳥忌避レーザーを展示 2022年11月11日
  • 【光フェア】シャープ福山,AR用レーザー展示 2022年11月11日