ギガフォトン,最先端液浸露光光源が本格稼働

ギガフォトンは,最先端ArF液浸リソグラフィ光源「GT66A」が,世界の半導体メーカーで本格的に稼働していることを発表した(ニュースリリース)。

昨今,デジタル機器やクラウド設備が世界規模で急速に増加し,これらに使われる半導体の需要も激増している。

さらに,企業におけるDXの浸透,カーボンニュートラル社会に向けたEVの増産,再生可能エネルギーへのシフトチェンジ等,社会インフラの中枢を半導体が担う中,その需要はさらに加速しているとし,特に自動運転やハイパフォーマンスサーバーのように,高速計算と低消費電力を併せ持つハイエンドデバイス需要の増加はこの状況に拍車をかけているという。

この製品は,そうしたハイエンドデバイス用半導体が必要とする5nmノード,および次世代のノードの製造にも対応するモデル。スペックルコントラストを低減(30%)することで,レイアウトとレジスト露光のパターンがずれるEPEを低減した。

それにより,壁面の微細パターンの凹凸サイズを表すLERや,凹凸で生じるパターン幅のバラつきを示すLWRを抑え,イールド(歩留まり)の向上が期待できる。加えて高耐久性部品の導入により,メンテナンスサイクルを30%延長したことで,装置のアベイラビリティが向上し,高度な生産性の実現も可能だとする。

この製品は,最先端半導体の安定的で歩留まりのよい生産をゴールに,特に最先端のプロセスノードの生産性向上のため市場に投入されたものだとしている。

その他関連ニュース

  • 北大,UVナノインプリントの樹脂設計に新知見 2022年08月09日
  • 北大ら,半導体洗浄時のナノ構造物の倒壊挙動解明 2022年07月29日
  • キヤノン,FPD露光装置を発売 2022年07月26日
  • ラムリサーチ,EUVドライレジストでエコシステム 2022年07月14日
  • 岡山大ら,層状の半導体を大面積・高品質合成 2022年07月08日
  • 名大ら,ウエハーの転位・ひずみの分布を可視化 2022年06月30日
  • 阪大ら,マイクロバンプの銅接合を実現 2022年06月21日
  • キヤノン,KrF露光装置の生産向上オプション発売 2022年06月14日