OKI,光ファイバーセンサー製品がNETISに登録

OKIは,同社の光ファイバーセンサー「WX1033A/B」が,7月1日,国土交通省の新技術情報提供システム「NETIS(New Technology Information System)」に登録されたことを発表した(製品ページ)。

「NETIS」は,国土交通省が新技術に関わる情報の共有および提供を目的として整備したデータベースシステム。土木・建設業者などの企業は,国や地方自治体の発注元となる公共工事に際し,登録された技術の活用を提案することで,工事成績評価の加点対象となる。

新技術を登録した企業は,多くの現場で登録された技術が採用されることにより,導入効果の検証や評価を行なうことができ,さらなる技術改善や開発にも結び付けることが可能となるという。

「WX1033A/B」は,橋梁をはじめ,老朽化が進む社会インフラ構造物や製造設備などの施工品質の確保や予防保全・健全化監視を目的に広範囲なモニタリングができるセンサー。ブリルアン散乱光の周波数の変化を電気信号の位相シフトに変換して捉えることで,大幅に測定時間を短縮した同社独自の新たな光ファイバーセンシング手法「SDH-BOTDR方式」を採用し,長距離・広範囲にわたる温度・ひずみを分布的かつリアルタイムに測定できる。

これにより,重要な点検箇所を含めた漏れのないモニタリングが可能となるといった施工性の観点や,温度とひずみの複数指標値で判断が可能となるといった品質の観点で効果が期待されるとしている。

社会インフラ構造物や製造設備の老朽化は深刻な社会課題となっており,広範囲なモニタリングの必要性はますます高まっている。同社は,今回の登録を契機に,公共事業の施工現場における具体課題への対応力を強化し,光ファイバーセンサーを活用した遠隔監視や常時リアルタイム測定,AIによる自動判断などにより,社会インフラの予防保全に貢献するとしている。

その他関連ニュース

  • 光響,ハンドヘルド型LiDARを発売 2022年05月24日
  • NEC,交通流を可視化するファイバセンサーを納入 2022年05月24日
  • 公大ら,レーザー加工を用いた風雨センサーを開発 2022年05月13日
  • NEC通信,3次元物体検知ソフトウェアを開発 2022年04月25日
  • OKI,電源不要の高感度インフラ監視カメラを発売 2022年03月18日
  • 日清紡マイクロ,光学式反射型センサを開発 2022年03月08日
  • 芝工大ら,非破壊コンクリ遠隔打音検査手法を開発 2022年02月22日
  • リコーと宮崎県,インフラ点検の実証実験を開始 2022年02月21日