カルコジェニック,硫化スズナノシートを開発

14族カルコゲナイト材料の製造販売を手掛けるカルコジェニックは,次世代材料である硫化スズ(SnS)を2インチサイズ(50mm角)までスケールアップした「硫化スズナノシート(SnS nanosheet)」を開発した(ニュースリリース)。2021年8月12日より,試験販売とサンプルの無償提供を開始している。

硫化スズは半導体であるが,希少金属や有害元素を含んでおらず,硫化スズを構成する元素も自然界に豊富に存在することから,人体や環境に優しい材料だといわれている。

また,硫化スズは優れた光学特性を持ち,その結晶構造もグラファイトのような層状構造であることから,2次元材料として,さまざまな電子デバイスへの応用が期待され,すでに,トランジスタ・二次電池負極材・ピエゾ素子・フォトコンダクタ・光触媒・ガスセンサー・太陽電池などの幅広い分野で基礎研究が進んでいる。

基礎研究のレベルでは,数十mm程度のナノシートが用いられているが,硫化スズナノシートの製作は難しく,量産レベルのスケールアップが課題だったという。同社は,「硫化スズナノシート」を2インチサンズ(50mm角)までスケールアップすることに成功し,硫化スズの結晶構造や膜厚,比抵抗の制御技術を確立した。

この「硫化スズナノシート」は,P型半導体であり,硫化スズの結晶も基板面と平行に配向させており,その比抵抗も数十Ωcmと低く抑えて製作することができるとしている。

その他関連ニュース

  • 阪大ら,次世代半導体の新規価電子制御法を提案 2021年08月26日
  • 東北大ら,超伝導転移温度が高くなる原因に新知見 2021年05月14日
  • 東大ら,2次元結晶を重ね巨大光起電力効果を確認 2021年04月05日
  • 岐阜大,スパコンで41種類の原子層合金を予言 2021年04月01日
  • 東大,原子膜のひずみ分布をモアレで観測 2021年03月12日
  • 東北大ら,2次元層状物質に新たな結晶状態を発見 2021年03月10日
  • 筑波大,原子層物質の電子スピン状態を解明 2021年03月08日
  • 福岡工大,力で色が変わる構造色ゲルを開発 2021年03月05日