エドモンド,IR用ウインドウのラインナップ拡充

エドモンド・オプティクス・ジャパンは,新たなウインドウ製品を広範な赤外(IR)用材料としてリリースし,ラインナップを拡充した(ニュースリリース)。

各基板材料は,それぞれ特長がある。非常に丈夫で耐久性が高いガリウムヒ素(GaAs)は,研磨粒子のデブリなどが予測されるレーザー材料加工の保護用ウインドウとして有用で,フッ化バリウム(BaF2)は,反射防止(AR)コーティングを付加することなく,IRから可視スペクトル,さらには深紫外線(UV)まで広高透過率が得られ,800℃までの温度環境に用いることもできるという。

また,テルル化カドミウム(CdTe)は,IRから長波IR(LWIR)まで広範でフラットな透過スペクトルがあり,低出力CO2レーザーシステムや分光アプリケーションで有用だとし,タリウム化合物(KRS-5)は,IRから遠赤外まで透過率が均一で,その優れた耐薬品性(強酸を除く)により,酸に弱いアプリケーションやフーリエ変換赤外分光法(FTIR)の保護用ウインドウとして有益だとする。

一方,深紫外から中波赤外(MWIR)までに波長域があるフッ化リチウム(LiF)は,サーマルイメージングアプリケーションやX線分光法での使用に適しており,カルコゲナイド(AMTIR-1)は,酸に対する優れた耐性があり,熱暴走を発生することなく300℃までの高温に使用できるため,IRシステム,前方監視型赤外(FLIR)イメージングシステム,またはIRレーザーシステム用の保護用ウインドウとしての使用に適しているとしている。

その他関連ニュース

  • エドモンド,キネマティックマウントを拡充 2022年08月02日
  • エドモンド,EUVアト秒多層膜ミラーを発売 2022年07月04日
  • アダマンド並木,2インチダイヤウエハーを量産へ
    アダマンド並木,2インチダイヤウエハーを量産へ 2022年04月26日
  • 東北大,任意に加工できるテラヘルツ光学材料開発 2022年03月10日
  • 東大,アクリル板と水で原子レベルの平坦化を実現 2022年03月04日
  • 2027年電子実装関連世界市場,11兆5,131億円に 2022年02月02日
  • パナ,高速通信向け低伝送損失多層基板材料を開発 2022年01月18日
  • NEDOプロ,4インチGaN基板の成長を確認 2021年11月25日