JDI,画像診断用ディスプレーを開発

ジャパンディスプレイ(JDI)は,高輝度,超高コントラストの「21.3型500万画素モノクローム液晶ディスプレイ」を開発した(ニュースリリース)。

この製品はLCDのデュアルセル技術を採用。デュアルセルとは,表示パネルに調光用パネルを重ねた,表示コントラスト向上を目的としたLCD二層構造を指すという。

医療現場における画像診断用ディスプレーには,正確な表示と高輝度,高コントラストによる画像診断のしやすさが求められている。今回,開発した技術では,デュアルセル構造に適したバックライト制御を行なうことで,LCDによる高輝度と滑らかな階調表現を有しながら有機ELと遜色ない黒の沈みを実現。

さらに,LCD構造の工夫と調光パネルの制御技術により,従来のデュアルセル特有の課題であった視角による二重像や表示欠けの問題,またそれを回避するための調光パネル表示制御によるハローの問題を改善し,医療画像診断用ディスプレーに要求される高い表示性能を実現しているという。

この製品は2021年5月よりサンプル出荷を開始する予定だとしている。

この製品の主な仕様(目標値)は以下のとおり。
・画面サイズ:21.3型
・画素数:2048×2560
・精細度:154ppi
・コントラスト比:≧500,000:1
・表面輝度:1,000cd/m2(最大輝度)
・階調:1,024階調(Real10bit)

その他関連ニュース

  • 富士フイルム,内視鏡診断支援機能を開発 2020年10月27日
  • 医科歯科大ら,レーザー照射が骨形成に有利と証明 2020年08月18日
  • 東北大,3Dカメラで嚥下動作を診断 2020年07月21日
  • DNP,オンライン診療用画像補正サービス開始 2020年06月11日
  • 富士フイルム,CTから肺結節を検出するAI開発 2020年05月28日
  • NTTデータら,AI画像認識でCOVID-19診断支援 2020年05月26日
  • コーニング,静岡のLCDガラス工場を停止へ 2020年04月20日
  • Basler,医療向けカメラに防塵対応を追加 2020年04月06日