EHTと各種望遠鏡,巨大ブラックホールを同時観測

地球上の8つの電波望遠鏡をつないだイベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)と地球上の各地,さらに宇宙にある多くの様々な望遠鏡は,楕円銀河M87の中心にある巨大ブラックホールを一斉に観測し,この巨大ブラックホールがこのとき非常に「おとなしい」状態にあったことを明らかにした(ニュースリリース)。

2017年4月,EHTがこの巨大ブラックホールを観測し,ブラックホールの「影」の撮影に史上初めて成功した。ところが,EHTによるこの観測だけでは周囲に存在するはずのジェットをはっきりと写し出すことはできず,ジェットとの関連やブラックホール周辺の詳しい構造については未解明のまま残されていた。

このとき,EHTによる観測と協調する形で,世界中の多くの望遠鏡も同時期にM87のブラックホールに向けられていた。地球上の各地,さらに宇宙にある多くの電波望遠鏡,可視光線・紫外線望遠鏡,エックス線望遠鏡,ガンマ線望遠鏡が,楕円銀河M87の中心にある巨大ブラックホールを一斉に観測した。

観測の結果,巨大ブラックホールから噴き出すジェットの根元近く(0.3光年)から5000光年ほどまで広がっている姿が,様々な波長の電磁波で明らかになった。これは,言ってみればジェットの「多色画像」を捉えたことになる。

今回観測された波長帯のうち,エックス線,ガンマ線といった高エネルギー電磁波放射のデータを分析した結果,2017年4月ごろのタイミングでは,巨大ブラックホールの活動性が非常に静穏だったことがわかった。

また,観測結果と理論・シミュレーション研究の結果を比較したところ,EHTで観測されたリング状の電波放射領域とは異なる場所でガンマ線が放射されていると考えると,観測結果をうまく説明できることがわかった。

これは,巨大ブラックホールが噴き出すジェットが複雑な構造を持っていることを示す結果であり,ジェットの形成メカニズムやブラックホールとのつながり,多彩な電磁波放射メカニズムの解明に迫るための新たな知見を与える成果だとしている。

その他関連ニュース

  • 埼玉大ら,2つの銀河の準周期的爆発を発見 2021年05月13日
  • キヤノンの高感度センサー,せいめい望遠鏡に採用 2021年05月12日
  • 東大ら,遠方銀河が観測方向で隠れる可能性を指摘 2021年05月11日
  • アルマ望遠鏡など,巨大フレアを同時多波長観測 2021年04月27日
  • 東大らの観測プログラム,新規宇宙望遠鏡で採用 2021年04月27日
  • ABCら,系外惑星に初めてOH分子を発見 2021年04月27日
  • 名大ら,X線偏光観測衛星の部品を製作・納入 2021年04月26日
  • アルマ望遠鏡,重力レンズで129億年前の光を観測 2021年04月23日