SEMI,2020年半導体製造装置販売額は19%の急増

米SEMIは,4月13日(米国時間),半導体製造装置(新品)の2020年世界総販売額が,2019年の598億ドルから19%急増し,712億ドルとなったことを発表した(ニュースリリース)。

それによると,地域別では,中国が初めて新品の半導体製造装置の最大市場となり,前年比39%増の187.2億ドルが販売された。第2位の装置市場となった台湾の販売額は,大きく成長した2019年から横ばいとなる171.5億ドルだった。韓国は61%増の160.8億ドルで3位を維持した。

2019年に市場が縮小した日本と欧州はいずれも2020年に回復を示し,日本は21%,欧州は16%の成長をした。3年連続でプラス成長をしてきた北米は,2020年は20%の減少となった。

装置分類別では,ウエハープロセス用処理装置の販売額が19%上昇し,その他前工程装置は4%増となった。組み立ておよびパッケージング装置とテスト装置の販売額は,全ての地域で旺盛な成長をし,2020年の市場は34%増となり,テスト装置の販売額はトータルで20%増となった。

 

地域 2019年 2018年 対前年比成長率(%)
中国 18.72 13.45 39%
台湾 17.15 17.12 0.2%
韓国 16.08 9.97 61%
日本 7.58 6.27 21%
北米 6.53 8.15 -20%
欧州 2.64 2.28 16%
その他地域 2.48 2.52 -1%
合計 71.19 59.75 19%

(出典:SEMI/SEAJ 2021年4月)

その他関連ニュース

  • 2019年度医用画像関連市場,7.1%増567億5,300万円 2021年04月27日
  • SEMI,2020年世界半導体材料販売額は過去最高に 2021年04月23日
  • XR対応HMD市場,国内出荷台数は2020年に73万台 2021年04月21日
  • 2020年3Dプリンター出荷台数,微減の36.4万台 2021年04月12日
  • 2030年自動運転市場,2019年比647倍に 2021年04月12日
  • 2020年度の光産業調査結果がまとまる―情報通信分野がテレワークや5G効果で堅調 2021年04月05日
  • 2024年円偏光板用位相差フィルム市場,352億円に 2021年03月31日
  • SEMI,半導体前工程製造装置投資額は3年連続最高 2021年03月17日