ウシオ,射出成形用製品検査装置を発売

ウシオライティングは,射出成形された樹脂製品の検査工程で使用する製品検査装置「Vision Maker(ビジョンメーカー)」の販売を2021年4月下旬から開始することを発表した(ニュースリリース)。希望小売価格は150万円(標準仕様/税別)。

成形品の製造プロセスにおける製品外観検査工程では,目視による検査が多くみられるが,人による検査は判断基準が曖昧になる,あるいは検査員の経験や体調によって差が生じるなど,バラツキが発生したり,手間やコストがかかる要因となっているという。

このような問題を解消するために使用されるのが,外観上の欠陥を検出し良否判定を行なう製品検査装置だが,市場にある検査装置は,機能が多すぎて設定や操作が複雑で難しい,成形品の検査用として簡単な構成かつ廉価なものが欲しいといった声が聞かれるという。

これらのニーズに対してこの装置は,成形品の外観検査に特化させ,必要とされるハード,機能,性能のみをパッケージ化。初めてのユーザーでも簡単に設定・操作ができるうえ,価格も抑えることで,これまで導入が難しかった成形品製造プロセスにソリューションを提供するとしている。

この検査ではまず,事前にカメラで撮影し,取りこんだ良品の画像からマスター画像を作成,データとして保存。このマスター画像と,成形プロセスでできあがった製品の画像をマッチングさせ,画像差分によって外観上の欠陥(部品や製品のバリ,欠け,あるいは形状違いなど)を安定して検出,検査する。主な用途(検査対象)として,自動車,食品,医療・医薬,電子デバイス,精密部品,日用品など,樹脂成形品の成形後検査を想定しているという。

この製品の主な特長は以下のとおり。
・タブレットPCを使用した簡単設定,容易な操作
・フレンドリーなGUI(Graphical User Interface)環境により,画面表示に従って設定するだけで外観検査が可能
・最大4カメラ(12エリア)の同時検査に対応 ※標準は1カメラ
・位置ズレ補正をはじめとする充実した機能
・上記をすべて包括しながら装置の価格を抑制

その他関連ニュース

  • Basler,「ace2」シリーズに新モデルを追加 2021年10月20日
  • オンセミ,8.3MBイメージセンサーを発表 2021年10月07日
  • Basler,CXP-12対応製品を拡充 2021年09月21日
  • FLIR,16MP GigEカメラを発売 2021年09月13日
  • 三次元画像処理システム市場,2025年は3914億円 2021年08月31日
  • IDS,AI搭載3Dカメラを発売 2021年08月16日
  • オンセミ,低消費電力1600万画素センサーを発売 2021年07月28日
  • IDS,新センサー搭載の産業用カメラを発売 2021年07月06日