東芝,量子暗号通信事業を子会社に継承

東芝は量子暗号通信事業において,事業開発機能を担う同社部門を,会社分割により子会社に承継させると発表した(ニュースリリース

同社は,昨年11月に公表しました「東芝Nextプラン進捗報告」にて,量子暗号通信事業を量子コンピューター時代に不可欠なセキュリティ技術として,2021年度中にネットワークサービス化による事業展開を目指すと発表している。

これまで同社は,量子暗号通信事業の本格展開に向けた準備を社内の「CPSxデザイン部 新規事業推進室」で進めてきたが,今後さらなる受注活動の強化を含め,事業活動を速やかに立ち上げるためには,同社子会社であり,ICTソリューションについての事業推進体制が整っている,東芝デジタルソリューションズ(TDSL)に同事業の運営を集約することが望ましいと判断した。

そこで量子暗号通信事業を会社分割によりTDSLに承継させることを決定し,吸収分割契約を締結した。この会社分割は2021年4月1日の効力発生を予定しているとしている。

その他関連ニュース

  • 東大,ミュオンで暗号鍵が必要ない通信技術を開発 2023年01月13日
  • NICTら,量子暗号でゲノムの安全な伝送システム構築 2022年11月17日
  • 玉川大,光量子暗号にユーザ認証と鍵共有を付加 2022年09月06日
  • オリンパス,科学事業を新子会社に継承 2022年04月12日
  • 東芝ら,米国で初めて量子暗号通信の実用性を確認 2022年02月21日
  • 野村HDら,量子暗号で大容量金融取引実験に成功
    野村HDら,量子暗号で大容量金融取引実験に成功 2022年01月17日
  • 阪大,プラズモンで量子インターフェースを効率化 2021年11月12日
  • NTT,次世代暗号を適用したネットワークを構築 2021年11月09日