JAIST,光合成細菌でガン細胞を検出・治療

北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)は,光合成細菌を使ってマウス体内のガン細胞の検出と治療を同時に可能にする技術の開発に成功した(ニュースリリース)。

世界的にがんの罹患者数,死亡者数は増加している。体内の高精度ながん細胞検出技術ならびにがん細胞を根絶可能な治療法の開発は,がん医療における究極の目的となっている。

研究では,低酸素状態の腫瘍環境内で高選択的に集積・生育・増殖が可能で,かつ生体透過性の高い近赤外レーザー光によって様々な機能を発現する非病原性の紅色光合成細菌(近赤外光を利用して光合成を行なう細菌。水の分解による酸素発生は行なわない)を発見した。

また,当該細菌の特性を活用することで体内の腫瘍を高選択的に検出し,標的部位のみを効果的に排除することが可能な “がん光細菌療法”という新しい概念・技術を創出することに成功した。

この研究で提案する概念・技術は,ナノ・マイクロテクノロジー,光学,微生物工学といった幅広い研究領域に貢献し,将来的に先進医療分野において世界の科学・技術をリード可能な革新的がん診断・治療法に成り得るものだとしている。

その他関連ニュース

  • 熊本大ら,微量のがん細胞で発光強度の増大に成功 2021年09月01日
  • 北大,ミトコンドリア標的型癌光治療の有用性明示 2021年08月24日
  • 関医,肝・胆道がんの診断・治療に新手法を開発 2021年08月17日
  • 府大ら,ゲルでがんの迅速透明化と3次元蛍光観測 2021年08月03日
  • 京大,光電効果を放射線治療に応用 2021年07月16日
  • NECのAI内視鏡画像解析技術,CEマークに適合 2021年07月14日
  • 東大,がん転移などに有用なイメージング法を開発 2021年07月09日
  • 東大,手術中に脳腫瘍を標識する蛍光プローブ開発 2021年05月25日