CYNORA,TADFベース深緑色OLEDキットを発売

独CYNORAは,次世代OLEDディスプレー用の熱活性化遅延蛍光(TADF)ベース深緑色発光体のデバイステストキット「cyUltimateGreen」の提供を開始したと発表した(ニュースリリース)。

OLEDスタック内の発光層には赤,緑,青のピクセルがあるが,輝度に影響を与えるのは緑のピクセルであり,OLEDスタックにおけるコストの25%程度を占める。

この製品は,20%以上の効率を実現しており,業界仕様のトップクラスとなる150cd/Aを満たすという。400h(LT95@15mA)の寿命と,現行のDCI-P3標準と合致するカラーポイントとスペクトルを実現しており,DCI-P3よりも高い色純度が求められるBT2020とも適合性がある。同社ではTADF深緑色から開始して,TADF深青色も製品化する予定。

同社は材料の開発に生成的探究モデル(GEM:Generative Exploration Model)を用いている。GEMは同社の材料発見エンジンで,無限の化学分子のソースから,関連性と有用性が最も高い分子と関連する組み合わせを正確に判別する。その後,評価システムを使い,その分子が必須パラメーターとどれだけ厳密に一致しているかに加え,ターゲットとする目的(この場合は高効率の発光体材料)における有用性を予測するという。

その他関連ニュース

  • JOLED,塗布方式有機ELディスプレーの出荷開始 2021年03月30日
  • TEL,OLED向けプラズマエッチング装置を発売 2021年03月12日
  • 住友化学,高分子有機EL発光材料の事業化を加速 2021年03月01日
  • 九大,TADFで励起一・三重項状態間の熱平衡を実現 2021年02月15日
  • 阪大ら,軽元素のみから成る有機EL発光材料を開発 2021年01月14日
  • 九大ら,高性能純青色有機EL素子を開発 2021年01月05日
  • 北里大ら,円偏光発光を示す緑色蛍光色素を開発 2020年12月10日
  • 出光,中国の有機EL工場が本格稼働 2020年12月03日