日亜化学,概日リズムを整えるLEDを開発

日亜化学工業は,サーカディアンリズムを考慮した調色を実現するための2つのLEDを開発した(ニュースリリース)。

サーカディアン調色とは,人間の概日リズムに沿った発光スペクトルと色調を調節できる技術で,同社独自技術のシアン発光蛍光体を用いたLEDと低色温度の白色LEDを組み合わせて使用することで実現されるという。

これまでのヒューマンセントリックライティング(人に優しい照明)は,主に色温度を変えることが着目されていたが,同社は,起床から日中までの活動時間帯にも注目し,第一弾として昨年,活発化を促し,作業効率を上げる「Vitasolis」をリリースした。そして,今回シアン発光蛍光体を用いたLEDによる新しいサーカディアン調色の発表となった。

一般的にシアンの青緑光(490nmの波長付近)は,一日のサーカディアンリズムを整えるのに重要な役割を担っており,これを用いることによって,目覚めから入眠まで快適な一日をサポートする。起床から日中の活動時間帯までは,自然光同等以上のシアン光が含まれた高色温度にすることで,快適な目覚め,注意力の向上,集中力の維持を促す。

一方,夕方以降は,シアン光を徐々に減らし低色温度に向かうことにより,リラックス効果や安心感,そしてスムーズな睡眠への移行を促すという。このようにシアン光の量と色温度を同時に調整することで,よりサーカディアンリズムに配慮した人に優しい照明となるとしている。

さらに低色温度側の白色LEDに同社が米GE Currentとライセンス契約を結んだTriGain技術を用いたLEDを使用することで,JIS Z 9112:2019高演色形クラス2を達成した高演色(Ra90以上),高効率な照明器具を作り出すことが可能となるという。

その他関連ニュース

  • 筑波大,ウニが光刺激で腸へのゲートを開くを発見 2021年04月06日
  • 阪大,体内時計で季節に応答する脳神経細胞を発見 2021年02月26日
  • 名大ら,可視光で概日リズムの可逆的な操作に成功 2021年01月22日
  • 早大,原核生物のUV耐性に概日リズムを発見 2020年12月07日
  • 遺伝研,藻類の日周について基本機構を解明 2020年08月05日
  • 京セラら,「人に優しい照明」実証実験を開始 2020年06月26日
  • 名大ら,概日時計に作用する新化合物発見 2020年04月01日
  • 愛知医科大ら,眼圧リズムの制御構造を解明 2020年03月27日