島津,プラ劣化評価システムを発売

島津製作所は,フーリエ変換赤外分光光度計プラスチック劣化評価システム「Plastic Analyzer」の販売を開始した(ニュースリリース)。価格は390万円~(パソコン・プリンター,ATRなど込みの標準構成,税別)。

このシステムは,フーリエ変換赤外分光光度計「IRSpirit」,「加熱劣化プラスチックライブラリ」,「紫外線劣化プラスチックライブラリ」(新発売),「Plastic Analyzerメソッドパッケージ」(新発売),IRSpiritシリーズ用1回反射ATR測定装置「QATR-S」で構成されている。紫外線や加熱によって劣化したマイクロプラスチックや異物などの測定に必要なハード・ソフト一式がオールインワンとなっているというもの。

フーリエ変換分光光度計(FT-IR)は,試料を透過あるいは試料から反射した赤外光を検出し,フーリエ変換処理によって波長成分を得る装置。物質の同定や定量,化学構造の推定などに適している。生産ラインなどで発生するプラスチック系の異物については,その異物が何であるかの同定を行ない,混入経路の推定や対策立案のために通常FT-IRを用いるが,熱や紫外線で劣化したプラスチックは,FT-IRスペクトルが変化しているため正しい同定ができないという。

この対策として,同社は2016年に「加熱劣化プラスチックライブラリ」を発売。今回発売する「紫外線劣化プラスチックライブラリ」は,紫外線によって劣化したプラスチックの同定に対応できるデータベースとなる。両ライブラリを含む「Plastic Analyzer」は,従来の異物分析の同定精度を大きく改善させた製品で,近年関心が高まっている海洋を浮遊するマイクロプラスチックの分析にも有効だとしている。

その他関連ニュース

  • 東大,超短パルスレーザーで一価イオンを分光計測 2021年09月16日
  • OIST,海水中のマイクロプラを光学的手法で確認 2020年12月24日
  • 【光技術フェア】日進機械,マイクロプラを計測 2020年11月11日
  • 東大ら,1秒に1億回計測する分子分光法を開発 2020年09月02日
  • NECら,マイクロプラのAI計測システムを開発 2020年07月03日
  • プラスチック問題の国際化学サミット,白書公開 2020年06月16日
  • クラレのPSF,「日化協技術賞」技術特別賞受賞 2020年05月20日
  • JAMSTEC,マイクロプラをHSIで検出・分類 2020年03月31日