OKI,マシンビジョン用ケーブルを発売

OKIグループの電線事業会社OKI電線は,画像検査装置などに使用されるマシンビジョン用として,USB3 Vision規格に対応し省スペース配線に適した「薄型コネクターUSB3 Visionケーブル」の販売を開始した(ニュースリリース)。

USB3 Vision規格は,米国のマシンビジョン業界団体であるAIAがUSB3.0規格をベースにマシンビジョン用に策定したもので,5Gb/sまでの高速伝送に対応するインターフェース規格。半導体製造装置,部品実装装置,印刷装置などでの外観検査や,産業用ロボットでのワーク材位置検出など,画像認識のリアルタイム性が求められる用途に適しており,1台のホストPCに複数のカメラを自在に接続できる使い勝手の良さなどから,マシンビジョンを採用する多くの産業用機器で普及しているという。

この製品では,PC側に接続するコネクター(スタンダードA)の最大厚を従来の10.0mmから8.5mmとスリム化を実現。これによって,複数のケーブルを隣接して接続する場合にコネクター同士の干渉が少なくなり,複数カメラの高密度な同時接続が容易になったとしている。

新製品のラインナップは用途に応じて,低コストで伝送性能に優れた標準タイプ,標準タイプから約15%の細径化を図った細径タイプ,優れた可動耐久性を発揮する高摺動タイプの3つを揃えている。いずれも従来商品「USB3 Visionケーブル」からケーブル仕様を変更することなくコネクター薄型化を実現しており,従来商品と同じ伝送距離を実現した。

特に高摺動タイプは,ロボット用ケーブルの開発を通じて培ったノウハウを活かし,可動時でも安定した伝送性能と,摺動3,000万回以上の耐久性,取り回しの良い柔軟性を並立し,機器実装時やメンテナンス時の作業性向上などにも寄与するとしている。

その他関連ニュース

  • Basler,「ace2」シリーズに新モデルを追加 2021年10月20日
  • オンセミ,8.3MBイメージセンサーを発表 2021年10月07日
  • Basler,CXP-12対応製品を拡充 2021年09月21日
  • FLIR,16MP GigEカメラを発売 2021年09月13日
  • 三次元画像処理システム市場,2025年は3914億円 2021年08月31日
  • IDS,AI搭載3Dカメラを発売 2021年08月16日
  • オンセミ,低消費電力1600万画素センサーを発売 2021年07月28日
  • IDS,新センサー搭載の産業用カメラを発売 2021年07月06日