日本触媒,紙より薄い光源の製造開始

日本触媒は,「紙より薄いフィルム光源(iOLEDフィルム光源)」のパイロットラインでの製造を開始した(ニュースリリース)。

この光源は,有機ELの長年の課題であった大気中の酸素や水分による素子の劣化を,同社とNHKとの共同開発による材料および素子技術(iOLED技術)により克服し,厚さ0.1mm以下と紙より薄く,高い柔軟性を実現したとするもの。

同社には,これまで,自動車業界,服飾業界,包装業界,美容・医療業界など多岐にわたる業界からの要望を受け,少量のサンプル提供を行なってきたが,パイロットラインを立ち上げたことで,より大規模で本格的な試験が可能になったとしている。

製造する基板最大サイズは200mmx200mmで,さらに一部製造ラインを自動化することで,生産能力が10倍以上に増強されたという。このパイロットラインを活用することにより,様々な開発ステージのユーザーに対して,要望する使用形態に合った色,形,特性を持ったサンプルを提供していくとしている。

その他関連ニュース

  • 阪大ら,発光フィルムを切って効果的な放熱を実現 2021年09月27日
  • 山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発
    山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発 2021年09月10日
  • 岩手大ら,有機EL試料内部の電位分布を直接観察 2021年07月29日
  • 茨大ら,高効率・狭帯域青色有機EL用発光体を開発 2021年07月21日
  • 双葉電子,カラー有機ELディスプレーを開発 2021年07月15日
  • 筑波大ら,次世代OLED材料の電子の動きを直接観察 2021年06月25日
  • 阪大,微細加工で超小型波長変換デバイスを実現 2021年06月07日
  • 三菱ケミら,有機EL材料の励起状態を量子計算 2021年05月26日