ソニー,高精細な3D画像裸眼ディスプレーを発売

ソニーは,高精細の3DCG映像を裸眼で見ることができる空間再現(SR)ディスプレー「ELF-SR1」を発売する(ニュースリリース)。市場推定価格は500,000円前後。

この製品は,その場に実物があるかのような立体的な空間映像を再現し,特別なメガネやヘッドセットなどを使わず裸眼で見ることができるディスプレー。SRとは,Spatial Reality(スペーシャル・リアリティ)の略。VR(バーチャル・リアリティ)が仮想のデジタル世界で映像を体験するのに対し,SRでは空間そのものを,そこに実在しているかのように目の前に再現する。独自技術により,特別なメガネやヘッドセットを使わなくても,裸眼で高精細な3DCG映像を見ることができるとする。

この製品は,高速ビジョンセンサーと視線認識技術により,見る人の左右の目の位置を,水平や垂直方向のみならず,奥行方向に関してもリアルタイムに常に正しく検出し,この情報をもとに,実際にディスプレーパネルから出す光源映像をリアルタイムに生成する。常に両目に正しい視点画像が提示されるので,実際に空間や物体がそこにあるかのように感じることができるという。

リアルタイムに生成した映像を左右の目に届けるために,独自のマイクロオプティカルレンズをパネル全面に超高精度に貼り付け,自然な裸眼立体視を可能にした。従来の3Dディスプレーと比較してクロストークを大幅に低減し,映像を正しく左右の目に届ける。

見る角度にかかわらず視点の変化に合わせた映像を確認することができ,被写体が動いていても,立体的に見える映像に遅延やズレがほとんどない。ディスプレーの奥に別世界があるかのような新しい空間映像体験は,クリエイターの表現力を大きく膨らませ,見る側に忠実に届けることができるという。

ディスプレーサイズは15.6インチ,アスペクト比は16:9。解像度は3,840×2,160だが,立体視の有効解像度は4K以下となる。聴可能距離は30cm~75cm,視野角は上20度,下40度,左25度,右25度。

高精細かつ立体的に映し出す表現力により,コンテンツクリエイターにとって制作中のコンテンツの確認がイメージ通りの形で簡単に行なえる。さらに,美術館や博物館,イベント会場などでは,通常遠くからしか見られない対象物を映し出すことで,立体感のある表現を間近で,様々な角度から楽しむことができるとしている。

同社ではコンテンツ制作を容易に行なえる専用SDK専用SDKの提供するほか,保証期間やサービスを充実させた法人向けモデル「ELF-SR1/BZ」も発売する。

その他関連ニュース

  • キヤノン,VR映像撮影システムを発表 2021年10月18日
  • NEC,3Dセンサー活用の離隔計測技術を開発 2021年07月27日
  • 双葉電子,カラー有機ELディスプレーを開発 2021年07月15日
  • 群大ら,高精細・低コスト3Dイメージング法を開発 2021年07月13日
  • アーティエンス・ラボ,3D表示の新技術開発 2021年07月06日
  • 東大,デジカメだけで植物を3次元データ化 2021年06月16日
  • 金沢大ら,4K-3Dビデオ顕微鏡による手術を提唱 2021年06月14日
  • 2021年偏光板世界生産量,前年比8.3%増の6.2億m2 2021年05月26日