AGCの曲面カバーガラス,キャデラックに採用

AGCは,同社の大型・曲面車載ディスプレイ用カバーガラスが,米キャデラックのラグジュアリーSUV「エスカレード」のニューモデルに採用されたと発表した(ニュースリリース)。

この製品は,同社の化学強化用特殊ガラス「Dragontrail」に,化学強化処理,光学薄膜コーティング,装飾印刷,曲げなどの加工を施したもので,自動車業界初となる曲面P-OLED(プラスチックOLED)ディスプレー(LGエレクトロニクス社,LGディスプレー社製)の高機能カバーガラスとして使用されている。

新型「エスカレード」の革新的なデザインのディスプレーは3つの画面から構成され,それぞれメータークラスター情報やナビゲーション,インフォテイメントなど,ドライバーに必要な多種多様な情報を表示する。高度な曲面成形技術を用いたAGCの大型・曲面車載カバーガラスを大小2枚使用し,38インチ相当のディスプレーとして一体化することで,デザイン性にも寄与している。

AGCの車載ディスプレー用カバーガラスは、独自の設計・評価プロセスにより,自動車用内装材として求められる安全性を確保しており,同社が開発した特殊な製法で曲げることでP-OLEDディスプレーおよびガラス本体にかかる応力負荷を低減し,長期的な強度と形状安定性を実現しているという。

また,同社が多数の特許を保持するコーティングや装飾印刷の技術によって,高い視認性とスムーズなタッチパネル操作に求められる機能(防汚処理,耐摩耗性)も有するとしている。

その他関連ニュース

  • コーニングのHUD用車載ガラス,現代が採用 2021年09月30日
  • CROSSら,人工ガラス膜境界面の接合性を解明 2021年09月22日
  • 東大ら,ガラスのミクロな構造起源を解明 2021年09月06日
  • 静岡大ら,「まぶしい」ときの脳活動の過程を解明 2021年08月17日
  • JAMSTEC,化学強化ガラスの破壊過程を再現 2021年08月05日
  • 東北大ら,金属ガラスの遷移にデカップリング観測 2021年06月23日
  • 国連,2022年を「国際ガラス年」と宣言 2021年06月21日
  • 2030年車載ECU市場,19年比75%増の15兆5,819億円 2021年06月21日