SEMI,コロナが半導体製造装置市場を牽引と発表

SEMIは9月8日(米国時間)最新のレポートにおいて,半導体の需要がパンデミックにより急増し,半導体前工程ファブ装置への世界全体の投資額を2020年に8%,2021年に13%上昇させるとした(ニュースリリース)。

さらに,データセンターやサーバーストレージ向けの半導体需要増加,並びに米中貿易の緊張の高まりに対する安全在庫の確保も,今年の成長に寄与しているという。

レポートによると,ファブ装置全体に対する旺盛な投資トレンドは,2019年の投資額9%減少からの回復となるもので,2020年は激しい上昇と下降の年となり,第1四半期と第3四半期は投資が減少し,第2四半期と第4四半期は上昇することが,実績と予測から示されているという。

半導体分野別では,メモリーの投資増加率が最も大きくなると予測され,2020年は37億ドル増し,前年比16%増の264億ドルを見込む。2021年はさらに18%増加し312億ドルに達する見込み。3D NANDが39%と,今年最大の成長率を記録し,2021年は7%の緩やかな成長となるという。DRAMの2020年の投資成長率は後半に減速して4%となるが,来年は39%の急増を予測する。

ファウンドリの2020年の装置投資額はメモリーに次ぐ規模となり,25億ドル増加し,前年比12%増の232億ドルとなるという。2021年は2%の微増となり,235億ドルを予測する。

MPUの装置投資額は,2020年に12億ドル減少し18%減となり,2021年は9%増の60億ドルとなる。アナログの装置投資額は,2020年に48%の急成長を見せ,2021は6%増を見込む。この拡大は主にミクストシグナル/パワー半導体ファブの投資によるものだという。イメージセンサーの装置投資額は,2020年は4%増の30億ドル,2021年は11%急増し,34億ドルとなると予測した。

その他関連ニュース

  • SEMI,2020年半導体製造装置販売額は19%の急増 2021年04月14日
  • 2020年3Dプリンター出荷台数,微減の36.4万台 2021年04月12日
  • 2030年自動運転市場,2019年比647倍に 2021年04月12日
  • 2020年度の光産業調査結果がまとまる―情報通信分野がテレワークや5G効果で堅調 2021年04月05日
  • 2024年円偏光板用位相差フィルム市場,352億円に 2021年03月31日
  • SEMI,半導体前工程製造装置投資額は3年連続最高 2021年03月17日
  • サーマルカメラによる検温市場,2020年は275億円 2021年03月16日
  • 2020年光学ユニット世界市場,5兆5,967億円に 2021年03月09日