シャープ,ディスプレー事業継承会社を設立

シャープは,2020年度中にディスプレーデバイス事業を分社化することを発表していたが,8月5日の締役会において,実施予定日を10月1日とし,受皿会社となるシャープディスプレイテクノロジー株式会社を8月7日(予定)に設立すると発表した(ニュースリリース)。

同社のブランド事業を支えるディスプレーデバイス事業の分社化により,経営責任の明確化を図るとともに,他社からの出資による外部資金の獲得も視野に入れる。変化の激しい事業環境に迅速に対応できるスピーディな意思決定と継続的な設備・開発投資を実行することで,競争力の維持とさらなる事業拡大を目指す。

新会社の所在地は三重県亀山市。資本金は1億円で株式の100%をシャープが保有し,シャープディスプレーデバイス事業2020年3月期の売上高約6,500億円を継承する。社長にはシャープ上席常務ディスプレイデバイスカンパニー社長の桶谷大亥氏が就任する。

その他関連ニュース

  • 車載ディスプレー市場,自動車生産台数を上回る期待 2022年11月22日
  • リコー,有機ELモバイルタッチディスプレーを発売 2022年11月22日
  • 東大,高色純度の青色ペロブスカイトQDを合成 2022年11月10日
  • アナログ・デバイセズ,AUOと車載事業で協業 2022年11月04日
  • ナイトライド,RGBの高効率マイクロLEDを開発 2022年11月02日
  • SCREEN,第8世代有機ELディスプレー製造装置発表 2022年10月18日
  • 京セラの字幕表示システム,駅での実証実験開始 2022年10月07日
  • 2030年MicroLED市場,1兆1200億円に 2022年09月08日