IDS,AF対応産業用カメラのラインナップ拡充

IDSは,オートフォーカス対応の産業用カメラ「uEye LE AF」シリーズのラインナップを拡充した(会社HP)。

これまで提供してきた6.4MP(IMX178,58fps)と18.1MP(AR1820HS,20fps)センサーを搭載したカメラに加えて,2.1MP(IMX290,120fps)と3.1MP(IMX265,80fps)のソニー製センサー搭載のモデルが加わった。また,シリーズとして初めてUSB Type-Cポートをボードに垂直に設けたモデルも用意しているという。

全てのカメラはUSB3.1 Gen1インターフェースのほか,LED光源や光電センサーへの電源供給に使えるUSB Power Deliveryを備えており,液体レンズの使用と制御も可能。オートフォーカス機能により,レンズを物理的に操作できない場合や,レンズと対象物の距離が頻繁に変わる場合にもシャープな画像を瞬時に取得できるとし,物流(荷物の入庫や仕分けなど)や交通監視といった分野のアプリケーションに適しているという。

また,36×36×20mmというコンパクトな設計から,組込み用画像システムでも強みを発揮するとし,小型の医療機器や産業機器への統合にも対応可能だとしている。

その他関連ニュース

  • リコー,機械製造業向け検査用カメラを発売 2022年10月04日
  • IDS,製品シリーズに新USB3カメラを追加 2022年10月04日
  • Teledyne FLIR,5GigEカメラファミリーを発表 2022年09月29日
  • 独Basler,5GigEソリューションを発表 2022年09月01日
  • ティー・イー・エム,産業用カメラを発売 2022年08月16日
  • フォトロン,4K対応ハイスピードカメラを発売 2022年08月04日
  • 東芝,高速ラインのリアルタイム外観検査技術開発 2022年08月03日
  • エドモンド,アサーマルレンズを発売 2022年08月02日