ピクトリープ,赤外カメラに写る液晶表示装置開発

日本化薬グループ企業で,ポラテクノの子会社ピクトリープは,画像が赤外カメラに写る液晶表示装置(赤外LCD)の開発に成功した(ニュースリリース)。

従来の液晶表示装置は,バックライトが可視光であることと,偏光板が可視光に対してのみ偏光機能を有することから,その表示画像は赤外カメラに写らなかった。

今回開発した製品は,赤外線カメラからの赤外光を反射する反射板と赤外領域に対しても偏光機能を有する赤外偏光板を配置した構造とすることで実現した。赤外偏光板は日本化薬とポラテクノによって開発されたもの。

従来の液晶表示装置では赤外カメラに画像は写らないが,この製品では赤外カメラに画像を写し出すことが可能。同社ではTFT液晶表示装置でも赤外LCDを試作し,TFT液晶表示装置に応用した場合でも赤外カメラに画像が映し出されていることを確認した。

これにより,従来の液晶表示装置ではセキュリティーの面から使用が困難だった,デジタルナンバープレートなどへの応用が期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 双葉電子,カラー有機ELディスプレーを開発 2021年07月15日
  • 神大ら,ハリガネムシの水平偏光への誘引を発見 2021年06月22日
  • 府大,FT-IRと偏光で結晶の分子や化学結合を解明 2021年06月18日
  • 京産大ら,近赤外吸収線カタログを作成し元素測定 2021年05月27日
  • 2021年偏光板世界生産量,前年比8.3%増の6.2億m2 2021年05月26日
  • オフィールジャパン,ドローン用ズームレンズ発売 2021年05月06日
  • 東大ら,自然旋光性の電場制御に成功 2021年05月06日
  • JOLED,塗布方式有機ELディスプレーの出荷開始 2021年03月30日