ピクトリープ,赤外カメラに写る液晶表示装置開発

日本化薬グループ企業で,ポラテクノの子会社ピクトリープは,画像が赤外カメラに写る液晶表示装置(赤外LCD)の開発に成功した(ニュースリリース)。

従来の液晶表示装置は,バックライトが可視光であることと,偏光板が可視光に対してのみ偏光機能を有することから,その表示画像は赤外カメラに写らなかった。

今回開発した製品は,赤外線カメラからの赤外光を反射する反射板と赤外領域に対しても偏光機能を有する赤外偏光板を配置した構造とすることで実現した。赤外偏光板は日本化薬とポラテクノによって開発されたもの。

従来の液晶表示装置では赤外カメラに画像は写らないが,この製品では赤外カメラに画像を写し出すことが可能。同社ではTFT液晶表示装置でも赤外LCDを試作し,TFT液晶表示装置に応用した場合でも赤外カメラに画像が映し出されていることを確認した。

これにより,従来の液晶表示装置ではセキュリティーの面から使用が困難だった,デジタルナンバープレートなどへの応用が期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 農工大ら,超薄可変焦点レンズに偏光分離機能を統合 2024年02月13日
  • 理研ら,コンプトンカメラで原子核の内部構造を解明 2024年02月13日
  • 東工大,巨大自発分極と比誘電率有する強誘電性液晶 2024年01月26日
  • 東工大ら,大面積に塗布可能な新規超分子液晶を作製 2024年01月24日
  • 日立ハイテク,熱分析装置に偏光顕微観察オプション 2023年12月20日
  • 名大ら,液晶の中にナノの孔を形成できることを実証 2023年12月18日
  • 東大ら,フェムト秒ノイズ相関分光法を開発 2023年11月30日
  • 東大ら,ガンマ線と可視光偏光の同時観測に成功 2023年11月24日