TDSC,低電圧動作のフォトカプラを発売

東芝デバイス&ストレージ(TDSC)は,業界初の低い電源電圧で動作可能とする高速通信用フォトカプラ「TLP2312」(標準データ伝送レート5Mb/s)および「TLP2372」(同20Mb/s)を発売,出荷を開始した(ニュースリリース)。

これらの製品は,2.2Vの低電源電圧で動作可能で,2.5V LVCMOSレベルの低電圧回路で使用する場合でも,フォトカプラの駆動のために別電源を準備する必要がなく,部品点数の削減が可能だという。

また。-40℃から125℃の動作温度範囲でスレッショルド入力電流を最大1.6mA,供給電流を最大0.5mAと低く抑えており,マイクロコントローラーからの直接駆動が可能で,消費電力の削減に貢献する。

パッケージは5pin SO6で高さが最大2.3mmと低背。これにより,プリント基板への薄型実装や部品配置の自由度向上を可能にするとしている。

その他関連ニュース

  • 東芝ストレージ,SSR向けフォトカプラを発売 2021年06月03日
  • 東芝ストレージ,大電流フォトリレーを発売 2021年02月25日
  • 東芝ストレージ,低トリガー電流フォトリレー発売 2020年08月21日
  • 東芝ストレージ,保護機能内蔵フォトカプラ出荷 2020年03月11日
  • 東芝ストレージ,大電流フォトリレーを発売 2020年02月19日
  • ルネサス,産業向け世界最小フォトカプラを発売 2019年12月13日
  • 東芝,最小実装面積のフォトリレーを発売 2019年09月26日
  • 東芝,短距離伝送向け光モジュール用アダプタを発売 2018年07月31日