三重大,窒素・炭素・酸素で高活性光触媒を合成

三重大学の研究グループは,炭素・窒素・酸素から構成される高活性な高分子光触媒の合成に成功した(ニュースリリース)。

この研究により得られた光触媒は,炭素・窒素・酸素から構成されており,自然界に極めて豊富に存在する元素であることから,資源制約の心配がない。そして光触媒活性は,従来の高分子光触媒の約11倍に向上し,またこの高分子光触媒は,700nm以上の可視光でも機能する。

この窒化炭素を,有害化学物質の分解・除去に利用するだけでなく,光電極システムの電極材料として利用したり,あるいは適切な光触媒と組み合わせて利用したりすることで,水分解による水素製造や二酸化炭素の還元による燃料・資源の合成などへの応用も可能であると考えられるという。

その際,有効な光の波長を拡張できたことは,太陽光エネルギー変換効率の観点から,極めて有用な人工光合成システムになると期待できるという。この研究成果により,次世代の材料開発に大きく貢献できるとしている。

その他関連ニュース

  • 東大ら,光で剥離・解体可能なエラストマーを開発 2021年08月18日
  • 理科大,金属ナノクラスターから光触媒を創製 2021年08月17日
  • 法政大ら,可視光活性が高温処理で上昇する光触媒 2021年08月02日
  • 阪大,変換効率1%で水とO2からH2O2を作る光触媒 2021年07月26日
  • 東大ら,コロナ変異株も不活化する光触媒を開発 2021年07月15日
  • 東芝,ウイルス抑制・除菌脱臭光触媒装置を発売 2021年07月08日
  • 千葉大,光触媒の光酸化経路の分かれ道を解明 2021年07月06日
  • 東北大,高分子の結晶配向をナノスケールで可視化 2021年06月24日