JOLED,中国企業と資本業務提携契約を締結

JOLEDは,中国電機メーカーTCL Tech傘下のディスプレーパネルメーカー,TCL華星光電技術有限公司(TCL China Star Optoelectronics Technology Co., Ltd.)と資本業務提携契約を締結したと発表した(ニュースリリース)。

この提携によりJOLEDは,華星光電日本(CSOT-JAPAN)を引受先とする第三者割当増資により200億円を調達するとともに,独自の印刷方式有機ELディスプレー製造技術を活用し,TCL CSOTとテレビ向け大型有機ELディスプレーの共同開発を開始するとしている。

その他関連ニュース

  • 古河電工とFOC,次世代光通信デバイス開発で連携 2021年07月30日
  • ニコン,レーザー微細加工技術でシャープと協業 2021年07月27日
  • ニコン,仏望遠鏡メーカーと共同開発契約を締結 2021年07月13日
  • KOALA Tech,有機半導体レーザーで4億円を調達 2021年07月01日
  • 古河電工,新規事業にライフサイエンスを設定 2021年05月25日
  • エプソン,LiDARのスタートアップに投資 2021年05月25日
  • 古河電工と日亜化学,青色レーザー加工で長期提携 2021年04月27日
  • エドモンドと独UFI,パートナーシップを締結 2021年03月11日