府大,新型コロナウイルス関連知見を紹介


大阪府立大学は,新型コロナウイルス(COVID-19)に関して速やかな研究開発が必要な状況にある中,近い将来において社会実装可能と考えられる4つの取り組みを紹介した(ニュースリリース)。

これらのうち,光技術が関連するものは「滅菌灯によるマスクのウイルス不活化処理機「マスクリーン4」の開発」および「パーソナルディフェンス空気清浄機「コロナクリーナーF」の開発」の2つ。

前者は,殺菌灯からのUV-C紫外線によりマスクなどに付着したウイルスを不活化・滅菌,消臭するもの。立体形状のマスク表面での紫外線量を放射線計測技術を応用して評価することで,サージカルマスクのウイルス不活化処理が約20秒で完了することを確認した。

また,個人用のマスクリーンSでは5秒で処理が可能で,頻繁にマスクを浄化することで感染率の低下に貢献でき,マスクの再利用も可能だとする。

後者は,可視光応答光触媒と可視光LEDを組み合わせたパーソナルディフェンス空気清浄機。光触媒に光を当てて風を送る,という機能にのみ特化した安価かつ高性能な製品となっている。

空気中のエアロゾルに含まれるウイルスの不活化だけでなく,悪臭や花粉などの分解が可能。飛沫・エアロゾルが舞うが換気ができない医療現場などでの感染リスクの低下に貢献するとしている。

ここでは上記の他に,「オゾン殺菌式ガス浄化装置の開発」と「実践からの遠隔授業(アクティブラーニング)の知見」についても紹介している。

その他関連ニュース

  • 静大ら,酸化チタン薄膜のエピタキシャル成長に成功   2022年09月27日
  • 東工大ら,貴金属フリー高効率可視光光触媒を開発 2022年09月01日
  • 東大ら,光触媒でレジオネラ菌を殺菌し機構を解明 2022年08月31日
  • 東工大,色素増感型光触媒の変換効率を大幅に上昇 2022年08月22日
  • 千葉大,CO2資源化用光触媒の活性を3.6倍に向上 2022年08月03日
  • 2021年光触媒塗料市場,コロナで前年比2倍以上増 2022年07月11日
  • 横市大ら,抗体と近赤外光で病原体を選択的に駆除 2022年07月05日
  • 日機装ら,鉄道向けLED除菌ユニットの開発を開始 2022年05月26日