島津,仏大学とアルツハイマー検出で共同研究

島津製作所は,仏モンペリエ大学付属病院とアルツハイマー病変(アミロイド蓄積)の検出法に関する共同研究契約を締結した(ニュースリリース)。

従来の陽電子放出断層撮影(PET)イメージングおよび脳脊髄液(CSF)検査とは異なり,血中のアミロイドβを検出する島津製作所の方式は人体への負担が小さく,大規模な調査研究に適している。

この血液由来のバイオマーカーは,2014年に同社と国立長寿医療研究センター(NCGG)らが発見した。2002年にノーベル化学賞を受賞した同社エグゼクティブ・リサーチフェローの田中耕一が共同研究に加わっており,同賞の受賞理由となった「MALDI」(マトリックス支援レーザー脱離イオン化法)技術が,アルツハイマー病変(アミロイド蓄積)検出法の実現につながっている。

スクリーニング分析は研究目的であり,アルツハイマー病の診断に利用できないが,臨床試験に適した候補者を特定することで,製薬会社の治療薬開発の支援につながるとしている。

その他関連ニュース

  • ITA,発熱者用サーモグラフィ運用ガイドを発行 2021年08月19日
  • トプコンとクボタ,スマート農業で共同研究 2021年07月06日
  • 日本アビオ,スクリーニング用赤外線カメラ発売 2021年06月15日
  • 東大,アルツハイマー光認知症療法の基礎技術開発 2021年04月14日
  • 東大,触媒と光で脳のアルツハイマー原因物質除去 2021年03月29日
  • 浜ホト,高感度イムノクロマトリーダを開発 2020年09月28日
  • 理科大ら,赤外レーザーのアミロイド分解に知見 2020年08月06日
  • 古河電工ら,量子暗号通信の委託事業に採択 2020年06月23日