IDS,偏光カメラをラインナップに追加

IDSは,5メガピクセルの偏光カメラを製品ラインナップに追加したと発表した(製品ページ)。

同社は今回,イメージセンサー上に偏光子を形成(On-Chip Polariser)した,Sonyの「IMX250MZR」センサーを「uEye CPシリーズ」に加えた。

偏光イメージセンサーにより,他のイメージセンサでは見えない詳細な情報を可視化できるため,コントラストが低い場合や反射光がある場合でもオブジェクトの検出能力が向上する。さらに,表面の細かな傷や透明なオブジェクト内部の応力分布の検出にも有効となる。

インターフェースとして,USB3 VisionとGigE Visionの両方を用意した。このセンサーは偏光フィルターを利用して,1枚の画像で4方向の偏光情報を持ったイメージを生成する。その各偏光方向の輝度から,偏光角と偏光度を決定できる。

そのため,例えば次工程に送る前に表面の汚れをチェックしたり,交通監視のために反射光を除去したりなど,多彩に活用できる。

特許技術である筐体設計に加え,その製造品質は同社製品の特長だとしている。29×29×29mmのサイズにより省スペースでの使用が可能。さらに,ねじ込み式のケーブルによって,信頼性の高い電気配線を確実に行なえるとしている。

その他関連ニュース

  • Basler,CXP-12対応製品を拡充 2021年09月21日
  • FLIR,16MP GigEカメラを発売 2021年09月13日
  • 三次元画像処理システム市場,2025年は3914億円 2021年08月31日
  • IDS,AI搭載3Dカメラを発売 2021年08月16日
  • オンセミ,低消費電力1600万画素センサーを発売 2021年07月28日
  • IDS,新センサー搭載の産業用カメラを発売 2021年07月06日
  • タムロン,産業用単焦点レンズを発売 2021年06月28日
  • ウシオ,金型監視装置を発売 2021年06月21日