ST,グローバルシャッターセンサーを発表

STマイクロエレクトロニクス(ST)は,グローバル・シャッター機能を搭載した高速イメージ・センサーである「VD55G0」および「VD56G3」を発表した(ニュースリリース)。

グローバル・シャッター機能により,被写体が動いている場合や近赤外照明下において歪みのない画像を撮影することができ,次世代のスマート・コンピュータ・ビジョンを実現する。

グローバル・シャッター搭載センサーは,ピクセル・データを1ラインずつ保存するローリング・シャッター搭載センサーとは異なり,フレームごとにすべてのピクセル・データを同時に保存する。これにより,被写体が動いている場合でも歪みのない画像を撮影することができ,追加の補正処理も不要となる。

同社のイメージ・センサー向けプロセス技術により,最小クラスのピクセルで高い感度と低いクロストークを実現する。また,上部ダイのセンサー・ピクセル・アレーを小型化させると同時に,底部ダイ上のシリコン領域を拡張し,デジタル処理性能と機能を向上させている。

これらの新しいイメージ・センサーのサイズは,「VD55G0」(640×600)が2.6×2.5mm,「VD56G3」(1124×1364)が3.6×4.3mmで,いずれも同等の解像度を持つ製品としては最小クラスとなる。また,近赤外を含むすべての波長でピクセル間のクロストークが低いため,高コントラストできわめて鮮明な画像を得ることができる。

「VD56G3」はオプティカル・フロー処理機能を搭載しているため,ホスト・コンピュータによる移動ベクトルの計算処理が不要。両製品とも,拡張・仮想現実(AR/VR),SLAM(Simultaneous Localization and Mapping),3Dスキャニングなど,幅広いアプリケーションに最適となる。

なお「VD55G0」および「VD56G3」は,現在サンプル出荷を開始している。

その他関連ニュース

  • ソニー,イベントベース方式の画像センサーを発売 2021年09月14日
  • ソニー,LiDAR向け積層型SPAD距離センサー発表 2021年09月07日
  • 浜ホト,演算機能内蔵型プロファイルセンサー発売 2021年09月02日
  • オンセミ,低消費電力1600万画素センサーを発売 2021年07月28日
  • ソニー,単露光でダイナミックレンジ8倍のセンサ 2021年07月01日
  • オンセミら,AioT向けリファレンスデザインを発表 2021年05月31日
  • 理科大,単一光子検出型撮像のブレを抑制 2021年05月13日
  • キヤノンの高感度センサー,せいめい望遠鏡に採用 2021年05月12日