三菱電機,投映式誘導システムを発売

三菱電機は,床面に投影する光のアニメーションにより,施設利用者が直感的に案内や注意喚起を理解できる,アニメーションライティング誘導システム「てらすガイド」を2020年4月に発売を開始する(ニュースリリース)。オープン価格。

従来,施設内の案内や注意喚起の表示は,利用者が見落しやすく,表示内容変更時の作業に費用や手間がかかるなどの運用面での課題があった。また,近年,大規模複合施設の増加などにより,施設内の移動が複雑になるなか,外国人・高齢者・車いす利用者などのさまざまな利用者に的確に情報を伝達する重要性が高まっている。

この製品は,床面に投影する光のアニメーションにより,施設利用者が直感的に案内や注意喚起を理解できるアニメーションライティング誘導システム。明るさは3500 ㏐,投影サイズは約114インチ(2,480mm×1,460mm)となっている。

専用ソフトウエアをインストールしたタブレットなどにより,設置状況に合わせて,表示する内容・位置・サイズ・方向の調整が現場で可能。施設内の人の流れを円滑にするとともに,時間や状況に応じて表示内容を簡単に変更できるので,建物管理業務の省力化や看板作成などの費用削減にも貢献するとしている。

同社は,産業技術総合研究所と共同で,光のアニメーションを用いた動くサイン「ダイナミックサイン」に関する視認性やアクセシビリティーに関するデータを収集・分析し,条件を定義するなど,国際標準化を進めている。この新製品も,国際標準化提案中の規格に準拠しているという。

その他関連ニュース

  • リコー,教卓設置タイプ短焦点プロジェクター発売 2022年06月28日
  • エプソンら,裸眼・多人数VRソリューション開発 2022年01月25日
  • リコー,ポケットサイズプロジェクターを発売 2021年12月14日
  • 東工大ら,マーカー無しで高速運動物体へ映像投影 2021年12月02日
  • 神大ら,子供の成長を促す投影システムを開発 2021年10月13日
  • カシオ,プロジェクターの「組込領域」事業を開始 2021年08月24日
  • 阪大ら,万博実証実験でドローンの空間描画を実施 2021年06月01日
  • ソニー,4K HDRプロジェクターを発売 2021年04月19日