JDI,12.3インチ透明液晶ディスプレーを開発

ジャパンディスプレー(JDI)は,12.3インチ透明液晶ディスプレーを開発した(ニュースリリース)。

2017年,従来の液晶ディスプレーに必要であるカラーフィルターおよび,偏光板を取り除くことの技術を採用した4インチのディスプレー開発を発表後,大型化と更なる表示性能の改善を行なってきた。

この開発品は,直視型カラーディスプレーとしては,世界トップクラス(JDI調べ)の透過率87%(非表示時)を実現した。またディスプレー非表示時には設置環境に溶け込み,表示時は表示情報と共に,ディスプレー越しに実体物を観ることを可能にした。

これらの技術を使った製品は,これまでにない未来感ある新しいディスプレーの使い方を提案するとし,2020年度の量産開始を目指すとしている。

開発試作品の概略仕様

画面サイズ 12.3インチ
画素数 1440(H)×540(V)
精細度 125ppi
最大表示色 4,096色
透過率(非表示時) 87%
タッチ機能 なし

その他関連ニュース

  • 2030年MicroLED市場,1兆1200億円に 2022年09月08日
  • トーヨーカラー,青色光カット剤でOLED長寿命化 2022年07月28日
  • 2027年,中小型AMOLED市場は3兆9,701億円に 2022年07月28日
  • 2026年車載ディスプレー世界市場,12,323百万ドル 2022年06月28日
  • 電通大,透明や曲面上に歪みのない空中像を表示 2022年04月15日
  • JDI,従来比4倍の移動度の酸化物半導体TFT実現 2022年04月01日
  • 広島大,三原色発光の配向膜をセルロースで作製 2022年02月16日
  • NHK技研,考案した色域の表現手法が国際標準化 2022年02月16日