パナ,半導体事業を台湾の半導体企業に譲渡

パナソニックは,パナソニックセミコンダクターソリューションズ(PSCS)を中心に運営している半導体事業を,台湾に本社を置く半導体企業であるWinbond Electr onics Corporation傘下のNuvoton Technology Corporation(Nuvoton)に譲渡すること,ならびにNuvotonとの間で株式資産譲渡契約を締結すると発表した(ニュースリリース)。

同社の半導体事業は,過去数年来,AV分野から車載・産業分野へのシフトとともに,イメージセンサーなどの「空間認識」技術と,バッテリーマネジメント用ICやリチウムイオン電池保護回路用MOSFETなどの「電池応用」技術を注力分野と位置付け,これらの分野にリソースを集中することで事業成長を目指してきた。

一方で,2014年4月に北陸工場(魚津・砺波・新井)の半導体ウエハー製造工程を,イスラエルの半導体ファウンドリ企業タワーセミコンダクターとの合弁会社に移管。さらに同年6月にはシンガポール,インドネシアおよびマレーシアに保有していた半導体組立工場を,香港に本社を置くUTACマニュファクチュアリングサービシーズ(UTAC)へ譲渡している。

その後も国内外拠点の統廃合を行ない,アセットライト化による事業リスクの低減を図り,競争力の強化に取り組んできたが,近年の競合他社の勢力拡大,注力事業への巨額投資,M&Aを通じた業界再編の進行等,半導体事業を取り巻く競争環境は熾烈を極めてきているとして,今回の決定となった。

今回,同社が蓄積してきた技術力,商品力を高く評価し,それらを最大限活用し,持続的な事業成長が期待できるNuvotonの下での事業運営が最善と判断し,譲渡を決定したという。なお2020年6月1日を効力発生日として,譲渡を実施する予定としている。

その他関連ニュース

  • パナ,太陽電池生産から撤退 2021年02月01日
  • JDI,白山工場および付帯施設を譲渡 2020年09月01日
  • 三菱,液晶事業から撤退 2020年06月18日
  • シャープ,ディスプレー/カメラ事業を分社化 2020年06月04日
  • コーニング,静岡のLCDガラス工場を停止へ 2020年04月20日
  • パナのテスラ向け工場,太陽電池の生産停止 2020年02月27日
  • 三菱電機,太陽光発電システムの製造を終了 2019年12月03日
  • パナ,液晶パネルの生産終了を発表 2019年11月22日