ジェピコ,農業向けマルチスペクトルカメラを発売


ジェピコは,米MicaSenseの農業向けマルチスペクトルカメラ「RedEdge-MX Blue」の販売を開始した(ニュースリリース)。

MicaSenseの農業向けマルチスペクトラルカメラ「RedEdge-MX」と合わせて使用できるデュアルカメラシステム。より高度なリモートセンシングと,農業研究向けの10バンド取得可能な次世代型マルチスペクトラルカメラだとしている。

この製品は衛星LandsatおよびSentinelのデータと類似した帯域を取得する。新たにエアロゾルバンドを取得することから,沿岸部分や浅瀬の海洋研究にも役立てることが可能になったという。

この製品の主な特長は以下の通り。
・「RedEdge-MX」と重複しない狭帯域5バンドを取得
・「RedEdge-MX」と組み合わせることで,1度の飛行で10バンドを撮影可能
・カメラを2つ使用する際も,DLSは1つのみ使用
・Pix4Dやメタシェイプなどのソフトウェアとの互換性あり

その他関連ニュース

  • 東大,超短パルスレーザーで一価イオンを分光計測 2021年09月16日
  • 東大ら,同位体観測で天気予測の精度を向上 2021年09月15日
  • 東大ら,ラビ振動分光でミュオニウムを精密測定 2021年08月17日
  • 理研ら,単一分子の精密ナノ分光法を確立 2021年07月02日
  • 農研機構,青果物のおいしさを光で非破壊的に計測 2021年06月29日
  • 東大ら,ナノ構造で高感度にキラル分子を構造解析 2021年05月25日
  • 千葉大,大気汚染を長期リモートセンシング 2021年05月14日
  • 千葉大,人の心理状態をリモートセンシング 2021年04月13日