ウシオ,CCDと連動する卓上SEMを発売

ウシオ電機は,日本電子(JEOL)製卓上走査電子顕微鏡(卓上SEM)「JCM-7000 NeoScopeTM」の販売を開始した(ニュースリリース)。

卓上SEMは,エレクトロニクスや自動車・機械,化学・薬品を主体とした様々な分野で利用が拡がっており,特に製造現場においてはオンサイトでの微細検査や元素分析のほか,品質管理,製品検査における一次スクリーニングに活用が進んでいるという。

この製品は,ハイスループットでありながら,省スペースかつシンプルで使いやすい操作性を実現。また,光学カラー画像からSEM観察像へのシームレス操作に加え,SEM観察をしながらリアルタイムでの元素分析が可能となる。これにより,光学顕微鏡では困難な組成の異なる異物の検出や透明な物質の表面観察,元素分析を製造現場で実現できるとしている。

この製品の主な特長は以下の通り。
・2軸モーターステージにより,観察したい場所をマウス操作することで,自動的にステージが移動
・色情報を含むCCD画像と表面詳細情報が得られるSEM像が連動する「Zeromag機能」により,素早く快適な視野探しが可能
・2段階のLVモードにより,帯電しやすい試料や,微量の水分を含む試料も,前処理無しで観察可能
・SEM観察中にリアルタイムで元素分析が可能

その他関連ニュース

  • 阪大,マシンビジョンで細胞100万個同時観察 2021年08月20日
  • 横市大ら,気孔を認識するAI顕微鏡システムを開発 2021年07月29日
  • 群大ら,高精細・低コスト3Dイメージング法を開発 2021年07月13日
  • 東北大,高分子の結晶配向をナノスケールで可視化 2021年06月24日
  • 府大ら,光触媒ナノ粒子の近接場光を画像化 2021年06月24日
  • 佐賀大,パワー半導体の欠陥を顕微鏡で同定 2021年06月02日
  • 東工大ら,フォトニック構造の特性が分かる顕微鏡 2021年05月31日
  • 愛媛大,生体観察用2光子励起光シート顕微鏡開発 2021年05月25日