阪大ら,自由電子レーザーで最小材料加工に成功

大阪大学,摂南大学,京都大学の研究グループは,自由電子レーザー(FEL)を用いることで,レーザー照射による最小加工サイズの記録を更新した(ニュースリリース)。

光の波の振動方向が揃った直線偏光のレーザーを物質に当てたとき,回折限界を超えた周期間隔の構造が物質表面にできる現象にLIPSS(レーザー誘起周期表面構造)がある。

LIPSSは偏光方向によって周期構造の方向が変わったり,波長によって周期構造の間隔が変わるため,単なるレーザー加熱効果だけでは無い非熱的な現象としてその発生原理に興味が持たれている。

これまで,LIPSSは近赤外線フェムト秒レーザーを用いてのみ研究され,波長の半分弱程度までの構造形成に成功し,いくつかの構造形成モデルが提唱されてきたが,完全には解明されていなかった。

今回,遠赤外・テラヘルツ自由電子レーザーを用いて回折限界を大きく超えた,波長の1/25のサイズの縞状構造(LIPSS)を半導体シリコン表面に制御加工することに世界で初めて成功した。

この研究は,目的の実験をやり過ぎた(強すぎるレーザー光照射をした)ことで,目的と異なった結果から発展したものだという。

研究グループは,今回の研究成果を起点として新たなレーザー加工メカニズムの解明が実現すれば,新しい領域での材料加工が可能となり,デバイス開発などの分野で大きく社会に貢献できるとしている。

その他関連ニュース

  • 光響,レーザー加工サービスの提供開始 2021年09月07日
  • 東大ら,中赤外光パルスで超高速磁気異方性を制御 2021年09月02日
  • SP,サンプル加工可能なアプリケーションラボ開設 2021年09月01日
  • ニコン,レーザー微細加工技術でシャープと協業 2021年07月27日
  • 京大ら,レーザーで結晶の生成を超高速計測 2021年07月15日
  • 分子研ら,超小型レーザーピーニング装置を開発 2021年07月15日
  • 【OPIE】NEDO,青色レーザーの銅加工をデモ 2021年06月30日
  • 阪大ら,レーザーで液体金属の様子を直接観察 2021年05月24日