コヒレント,切断とマーキングの新製品を発表


米コヒレントは,切断加工用の高出力UVレーザーサブシステム「PowerLine AVIA NX」と,高スループットUVレーザーマーカー「PowerLine E 5/8 QT」を発表した(会社HP)。

「PowerLine AVIA NX」は,ウェハーや半導体パッケージの切断加工向けの高出力UVレーザーサブシステム。「AVIA NXシリーズ」の40Wモデルと,高精度2軸のガルバノスキャナー,優れたソフトウェアを組み合わせている。長寿命と高い信頼性を特長とし,ウェハーやSIP,PCBの加工などにおいて,高スループットと高い切断品質を実現するという。

「PowerLine E 5/8 QT」は多くの導入実績がある「PowerLine Eシリーズ」のUVモデル。出力モデルは,4Wと7Wの2機種となる。レーザー発振器に加え,高機能なスキャナーと柔軟な制御を可能とするソフトウェアから構成されており,曲面などへの3Dマーキングやオンザフライマーキング,エングレービングや連続加工など,複雑なタスクにも対応可能。透明な樹脂や色のついた樹脂材料などへの高コントラストなマーキングに適しているという。

「PowerLine AVIA NX」の主な特長は以下の通り。
・波長:355nm
・平均出力:20W,40W
・パルス幅:<30ns,<35ns ・繰返周波数:1~250kHz,1~300kHz

「PowerLine E 5/8 QT」の主な特長は以下の通り。
・波長:355nm
・平均出力(@フランジ):4W(45kHz),7W(45kHz)
・平均出力(@加工点):>3W(45kHz),>6W(45kHz)
・パルス幅:<30ns,<25ns
・繰返周波数:20~135kHz

その他関連ニュース

  • 島津,青色半導体レーザー光源で世界最高6kWを達成 2024年05月22日
  • 京大,レーザーで超高品質な極浅構造を作成 2024年05月22日
  • 【OPIE】金門光波,He-Cdレーザー装置を展示
    【OPIE】金門光波,He-Cdレーザー装置を展示 2024年04月26日
  • NEDO,高効率・高品質レーザー加工技術開発に着手 2024年04月05日
  • 東北大,レーザー微細加工の分解能を飛躍的に向上 2024年03月12日
  • 京大ら,高出力狭線幅フォトニック結晶レーザー実現 2024年02月28日
  • 理研,超短パルスレーザーとエッチングで微細貫通穴作製 2024年01月12日
  • 理研,シングルサイクルレーザー光をTW級に増幅 2023年12月20日