コヒレント,加工用ヘッドと樹脂レーザー加工機を発表

米コヒレントは,スキャナー付高機能溶接加工ヘッド「SmartWeld+」と,樹脂溶着用レーザー加工機の新製品「ExactWeld 230P」を発表した(会社HP)。

「SmartWeld+」は,溶接加工用レーザシステム「StarFiber」のオプション機能として発表された製品。プリプログラムされたパターンにより,らせん状や楕円,その他複雑な形状を描くようにビームをウォブリングさせ加工でき,パターンのサイズや向きも,形状にあわせて柔軟に制御できる。

また,均一な溶接クオリティとシーム形状を実現。高速なスキャニングスピード(最大4 kHz)と高精度な制御の組み合わせにより,オンザフライ加工にも適しているという。溶接ヘッドのほか,切断用,穴あけ用もスキャナー付加工ヘッドのシリーズとしてラインナップしている。

「ExactWeld 230P」は,小~中型サイズの樹脂部品を高スループットかつパーティクルフリーで溶着できる。加工品質を均一に保ち生産性を高めるため「Vision System」(画像処理による位置決めシステム)を搭載し,ダイオードレーザーとガルバノスキャナーを用いたプロセスで,複雑な形状(最大420x200mmの範囲)でも高速な加工を実現できるという。

「ExactWeld 230P」の主な特長は以下の通り。
・搭載レーザー:ダイオードレーザー(300W,CW発振)
・ファイバー径:200μm
・Vision System(画像処理による位置決めシステム)搭載
・サーモ制御クランプシステム
・樹脂溶着用の優れた制御ソフトウェア
・豊富なレーザーオプション(ダイオードレーザー100W~450W,ファイバーレーザーも選択可)
・その他,柔軟なカスタマイズが可能

その他関連ニュース

  • 古河電工ら,出力5kWの青色レーザー発振器を開発 2024年06月04日
  • 東大ら,DUVレーザーで半導体基板に3μm穴あけ加工 2024年05月31日
  • 【解説】青色半導体レーザーの高出力化が進展も,実用化にはビーム制御も重要 2024年05月22日
  • 京大,レーザーで超高品質な極浅構造を作成 2024年05月22日
  • 【OPIE】金門光波,He-Cdレーザー装置を展示
    【OPIE】金門光波,He-Cdレーザー装置を展示 2024年04月26日
  • NEDO,高効率・高品質レーザー加工技術開発に着手 2024年04月05日
  • 東北大,レーザー微細加工の分解能を飛躍的に向上 2024年03月12日
  • 京大ら,高出力狭線幅フォトニック結晶レーザー実現 2024年02月28日