ニデック,共焦点走査型レーザー検眼鏡を発売

ニデックは,「共焦点走査型ダイオードレーザ検眼鏡 Mirante(ミランテ)」を2019年7月1日に発売した(ニュースリリース)。

この製品は,眼底検査用の微弱なレーザー光を用いて撮影する「SLO」と,SLD光源を用いて撮影する「OCT」の両方を組み合わせ,高画質・高精細に眼底検査を行なう。

この製品でのSLO検査は,赤・緑・青の3色のレーザー光を使って撮影することにより,1670万画素(4096×4096ピクセル)のカラーSLO撮影を行なえる。また,オプションの広角アダプターを取り付けることにより,標準画角で対角60°からΦ110°まで撮影範囲を拡げることができるとしている。

その他関連ニュース

  • タムロンら,広角撮影が可能な眼底カメラを開発 2021年09月17日
  • 市大ら,ヤツメウナギの松果体色感覚を解明 2021年09月16日
  • 京大,OCTAが緑内障手術の効果予測に有効と発見 2021年09月09日
  • 医科歯科大ら,糖尿病網膜症を青色レーザーで検出 2021年09月07日
  • 岡山大,光電変換色素に細胞死抑制効果を発見 2021年08月31日
  • 東大ら,網膜層厚から緑内障視野を予測 2021年08月18日
  • ViXion,暗所視支援眼鏡に新デザイン新機能を追加 2021年07月15日
  • ニデック,眼底診断向け光干渉断層計を発売 2021年07月08日