AGC,窓ガラスに透明ディスプレーを組込む技術を開発

AGCは,窓ガラスに透明ディスプレーを組込む技術を世界に先駆けて開発した(ニュースリリース)。

同社は,ガラスに映像を表示するサイネージとして「infoverre®」を2013年に開発し,ビル・空港・ショッピングモールなどさまざまな場所にこの製品を導入している。

今回,同社の持つ複層ガラス製造技術を「infoverre」と組み合わせることにより,窓ガラスへ透明ディスプレーを組込むことに成功した。電源を切っているときは通常の窓ガラスだが,電源を入れることで窓ガラスに映像が表示される。

この技術により,窓ガラスから見える風景に重ねて情報を表示することができる。具体的には,窓が情報を表示するプラットフォームとなり,風景に合わせて周辺の観光情報等をリアルタイムに表示することが可能になるという。

同社は今後,映像を表示させるだけでなく,窓を通しさまざま々な情報を入手できるよう,タッチ機能などインタラクティブな機能を新たに追加する予定。将来的には,この技術を観光名所・博物館・列車・バスなどさまざまな窓へ適用できるよう,実用化に向けた研究開発を進めていくとしている。

その他関連ニュース

  • シャープ,mini LED+量子ドットテレビを発売 2021年10月27日
  • 府大ら,ゲルでがんの迅速透明化と3次元蛍光観測 2021年08月03日
  • 双葉電子,カラー有機ELディスプレーを開発 2021年07月15日
  • 阪大ら,万博実証実験でドローンの空間描画を実施 2021年06月01日
  • 2021年偏光板世界生産量,前年比8.3%増の6.2億m2 2021年05月26日
  • 東大,水晶体が透明になる仕組みを解明 2021年04月16日
  • JOLED,塗布方式有機ELディスプレーの出荷開始 2021年03月30日
  • 農工大,コンタクトレンズディスプレーを開発 2021年03月26日