2018年世界半導体製造装置販売額,過去最高の645億ドル

SEMIは,4月10日(米国時間),半導体製造装置(新品)の2018年世界総販売額が,2017年の566億2000万ドルから14%増加し,過去最高の645億ドルに達したことを発表した(ニュースリリース)。

地域別では,韓国の装置販売額が177億1000万ドルを記録し,昨年に引き続き世界最大市場となったという。中国の販売額は131億1000万ドルで,台湾を抜いて初めて世界第2位の市場となった。3位の台湾の販売額は101億7000万ドルだった。

年間の装置販売額は,中国,日本,その他地域(主に東南アジア),欧州,北米で増加したが,台湾と韓国は減少した。2018年の4位以下の順位である日本,北米,欧州,その他地域は,前年同様だった。

装置分類別では,ウエハープロセス用処理装置が15%,その他前工程装置が9%,テスト装置が20%,組み立ておよびパッケージング装置が2%と,いずれも世界市場販売額が増加したとしている。

その他関連ニュース

  • 阪大,GaN半導体の貫通転位を非破壊で識別 2021年04月30日
  • 2019年度医用画像関連市場,7.1%増567億5,300万円 2021年04月27日
  • SEMI,2020年世界半導体材料販売額は過去最高に 2021年04月23日
  • XR対応HMD市場,国内出荷台数は2020年に73万台 2021年04月21日
  • 金沢大ら,ダイヤモンドウエハーの平坦技術を開発 2021年04月21日
  • SEMI,2020年半導体製造装置販売額は19%の急増 2021年04月14日
  • 2020年3Dプリンター出荷台数,微減の36.4万台 2021年04月12日
  • 2030年自動運転市場,2019年比647倍に 2021年04月12日