立教の光学航法カメラ,「はやぶさ2」に搭載

立教大学が開発に協力したカメラを搭載した小惑星探査機「はやぶさ2」が,2019年2月22日,小惑星リュウグウの着地に成功した(ニュースリリース)。

今回,研究グループは,着地運用に用いられる光学航法カメラの開発・着陸運用に取り組んだ。光学航法カメラシステムは,1台の望遠カメラ(ONC-T)と2台の広角カメラ(ONC-W1,2)で構成されている。研究グループはこれらのカメラの性能試験や,撮像計画の検討に取り組み,また撮像のための運用,小惑星周辺の衛星探索など様々な活動を行なってきた。

着地は,既に表面に落としてあるターゲットマーカと呼ばれる反射体にフラッシュを当て,そこから戻る光をカメラ(ONC-W1)で捉えて位置を確認し降下する,という流れで行なわれた。また,地表付近でONC-W1,2, ONC-Tで撮像が行なわれたことが確認されている。

さらに研究グループは,「はやぶさ2」の次のサンプルリターン計画として検討中の火星衛星探査計画(Martian Moons eXploration)MMXに,カメラ開発の主担当として参加しており,今回の「はやぶさ2」の着地運用で得られた経験をこの将来計画に活かしていくために研究活動を進めていくとしている。

その他関連ニュース

  • 東大,急に明るくなり高輝度で輝く超新星の謎解明 2022年01月19日
  • 東大ら,星のゆりかごに多数の浮遊惑星を発見 2021年12月23日
  • 東大,天の川銀河の外縁部に予想外の構造を発見 2021年12月17日
  • 東大ら,Ia型超新星の爆発直後の閃光を捕捉 2021年12月09日
  • 東大ら,物質優勢宇宙を重力波で解明可能と指摘 2021年12月09日
  • 理研ら,X線偏光観測衛星を打ち上げ 2021年12月09日
  • 東大ら,氷表面の異常に低い赤外光吸収効率を解明 2021年12月07日
  • 東大ら,太陽系近くに低日射の小型系外惑星を発見 2021年12月07日