九大,蛍光分子でセラミドの挙動を観察

九州大学は,セラミドの細胞膜中での動きを「ありのまま」に観察できる蛍光分子の開発に世界で初めて成功した(ニュースリリース)。

セラミドは脂質の一種で,肌の保湿バリア機能を示す成分として一般によく知られている。セラミドはヒトの細胞膜にも存在し,シグナル伝達物質としてアポトーシスなどを制御している。さらに,細胞膜に存在する脂質ラフトと呼ばれる数十ナノメートル程度の微小な膜領域の形成にも関与していると考えられている。

最近,細胞膜におけるセラミドの重要性が認識され,その役割が注目されるようになってきた。しかし,これまでセラミドの細胞膜での挙動(振る舞い)はよくわかっておらず,そのためセラミドの詳しい役割も解析できなかった。

今回の研究グループは,セラミドの頭の部分に親水性のリンカー(つなぎ手)を介して蛍光基を導入することで,新しい蛍光セラミドを開発した。これによりセラミドが豊富な膜領域を可視化することに世界で初めて成功した。

一方,市販の蛍光セラミドは,セラミドの炭素鎖の部分に蛍光基が導入されており,これが脂質膜を乱してしまうため,セラミドの豊富な膜領域に分布できない。今回の研究で開発した蛍光セラミドを用いることで,細胞膜中でのセラミド分子の挙動をありのままに観察することが初めて可能になった。

研究グループは,今後,これらの蛍光セラミドが細胞内でのセラミドの機能解明につながる重要なツールとなると期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 原研,LiDARとカメラ等で原発の3Dマップを作成 2021年05月17日
  • 理科大,単一光子検出型撮像のブレを抑制 2021年05月13日
  • 理研ら,シングルフレームCDIを提案・実証 2021年05月13日
  • 理科大ら,HSIで肝臓中の脂質濃度を可視化 2021年03月25日
  • 住友ゴムら,ゴム破壊のX線CT撮影を約1,000倍速化 2021年03月09日
  • 2020年光学ユニット世界市場,5兆5,967億円に 2021年03月09日
  • 理研,XFELで細胞の普遍的内部構造を可視化 2021年02月22日
  • 弘前大ら,ナノ接触界面を電気化学的に3次元観察 2021年02月04日