理研ら,K中間子と二つの陽子からなる原子核を発見

理化学研究所(理研)らは,大強度陽子加速器施設「J-PARC」にて,クォークと反クォークが共存する「中間子束縛原子核」(XK-pp)の生成実験に世界で初めて成功した(ニュースリリース)。

クォークは原子核を構成する素粒子で,質量の異なる6種類がある。反クォークとはクォークの反粒子。粒子と反粒子は電荷などプラス・マイナスの符号を持つことが許される量子数は,符号が反対で,質量や寿命などの性質は同じである。同種の粒子・反粒子は対消滅を起こす。

原子核内に陽子と中性子をつなぎ止める「糊」の役目をする中間子は,原子核から真空中に取り出すこともでき,固有の質量と寿命を持った「実粒子」として振る舞う。しかし,実粒子として振る舞う中間子が,陽子や中性子とともに原子核を作ることができるかは分かっていなかった。

今回,研究グループはJ-PARCにおいて,K中間子ビームをヘリウム3原子核標的に照射する実験を行ない,K中間子と二つの陽子(p)が結合した中間子束縛原子核「Kpp」を作ることに成功した。

この状態の束縛エネルギーは50MeVであり、これは通常の原子核の束縛エネルギーの約10倍にも達し,かつK-中間子自身の質量エネルギーの10%に達することが分かった。このことから,この結合状態はコンパクトな高密度状態であると予想され,極めて特異的な高密度核物質が自発的に形成されたと考えられるという。

研究グループは,今回の研究により,量子色力学における核子の質量の起源や,中性子星の中心部にできる超高密度核物質の解明などの基本的理解に貢献できるとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大ら,三体力にアプローチする手法を開発 2021年04月26日
  • KEKら,ミュオニウムの微細構造をマイクロ波分光 2021年04月19日
  • 東大,量子多体系の30年来の難問を解決 2021年03月15日
  • 京大,量子もつれ光による赤外分光法を実証 2021年03月09日
  • 理研ら,低温下における量子もつれの新法則を発見 2021年03月09日
  • 広島大,量子測定で得た物理量の取得方法を発見 2021年02月15日
  • 原研ら,重元素化合物中の電子集団の振舞いを計算 2021年02月09日
  • 京大ら,ダイヤモンド量子センサーの感度を拡大 2021年01月14日